丼ものにもいろいろあるが、中でも外した時のショックが大きいのが海鮮丼。なにせ値段がそこそこするし、奮発したからにはウマさを求めまくっている自分がいるからである。

だからこそ、絶対に外したくない私(筆者)は事前情報を仕入れるようにしているのだが、先日マジでウマい海鮮丼を提供してくれるお店に巡り会うことができた。その名も「海鮮丼 日の出」。店名に「海鮮丼」と入っていることからすでに間違いなさそうだが、実際に行ったところ、天国が見えるくらいウマかった!

・薬院にある人気店

数多くのウマい店がある福岡県の中でも高い評価を得ている「海鮮丼 日の出」があるのは、地下鉄七隈線・薬院大通駅から歩いてすぐのところ。西鉄大牟田線の薬院駅から歩いても、10分かからないくらいだろう。

訪れたのが休日&開店してからすぐという時間もあってか、行列こそできていないものの、きれいな店内に入るとナカナカ盛況。事前情報で人気ということは分かっていたが、次から次へとお客さんが入ってくるあたり、ネットの噂は本当らしい。

・定番の海鮮丼を注文

そう安心したところで、メニューを見てみる。毎朝、海の幸は長浜市場から仕入れていることや使用しているオイルなど、安心感を与えてくれるような文言が並ぶが、驚いたのがメニューの豊富さだ。ザッと見ただけで、海鮮丼は20種類くらい。定食も10種類以上はあっただろうか。

想像以上の種類の多さにどれだけあるんだと思いつつ、私は「日の出スペシャル丼」をチョイス。税込1700円とそこそこ値段がするが、迷ったらコレというくらい定番らしい。ちなみに、小鉢・玉子焼き・茶碗蒸しから一品選べ、そちらは玉子焼きにした。

・コスパよし

「日の出スペシャル丼」には、その日に仕入れた鮮魚10種以上が豪快に盛りつけられているというが果たして。ドキドキしながら待っていると……キタッー! 豪快に盛りつけられた海の幸が美しく、マジでスペシャルなのがキタッー!!

まずは刺身を一切れ食べてみると、新鮮さが舌から伝わってくるようで申し分なくウマい。それだけでも100点満点だ。しかし、ここの海鮮丼が本領を発揮するのはそこからだった! なぜなら……

・あまりのウマさに狂喜乱舞

卓上のごま醤油が最高すぎたのだ。しょうゆちょこに適量を入れてワサビを投入。丼にかけながら食べれば、悶絶しない人はいないレベルのウマさに変貌するのである。ごまサバが好きな人は狂喜乱舞待ったなし。なんという罪深さ……!!

現にごまサバが好きすぎる私は、ごま醤油でヘブン状態。新鮮な魚とごま醤油のコラボに、胃袋がベホマするのを実感しながらあっという間に完食した。それでいて、丼にはご飯がガッツリ入っていてさらに文句なし。他にも漬物無料のサービスもあって、高コスパ以外に言葉が見つからなかった。

・博多にも店舗あり

ちなみに、薬院に本店を構える「海鮮丼 日の出」だが、交通の便がいい「博多デイトス」にも店舗がある。新幹線はもちろん、福岡空港を利用する人でも気軽に行くことができるだろう。ぜひとも、ごま醤油をかけて食べる至高の海鮮丼で狂喜乱舞して欲しい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 海鮮丼 日の出
住所 福岡県福岡市中央区薬院2−1−8 リアン薬院ビル 1F
時間 11:30〜22:30
休日 年中無休

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼お店の外観

▼ごま醤油での食べ方も説明してある