あちぃーーーーーー! もうすぐ9月だというのに暑い……クソ暑い!! 一歩扉を出れば、体を包むムワッとした熱気。日本気象協会によると、この暑さは26日頃までは連日続くという。干からびるわ!

そんな中、今年もやってきた。『激辛グルメ祭り2017』が。何を隠そう私(中澤)は毎年、この祭りで激辛カレーを食べてその辛さをレポートしている。というわけで、今年も会場でヤヴァそうなオーラを放っていたカレーを食べてきたぞ! ファイヤー!!

・意外と盛況

2017年8月23日から27日まで新宿大久保公園で開催されるこの祭り。例年、クソ暑い時期に開催されるため、ある意味我慢大会のような趣もあるが、暑い時こそ辛いものを食べるとスッキリするというのもまた真理。

そんな真理を理解する人たちで、毎年この祭りは意外と盛況である。そして、今年も平日昼にもかかわらず、客入りは上々だった

・ヤヴァそうなカレーを発見

前述の通り、私(中澤)は毎年この祭りで激辛カレーを食べている。そして、今年もヤヴァそうなオーラを放っているカレーを発見。そのカレーとはカリーライス専門店「エチオピア」のイベントオリジナルメニュー「スパイシーチキンとコーンバターライスのカレー(1000円)」だ。

名前からは激辛の片鱗さえ見えないカレーだが、実は辛さを0倍から70倍の4段階で選ぶことができる。目安は「0倍=中辛」「3倍=辛口」「20倍=大辛」「70倍=激辛」で、店員さんに聞いたところ「70倍はほぼ唐辛子」とのこと。上等だ! 店員さん、そいつをくんな!!

なお、並んでいるお客さんの注文をしばらく観察してみたが、20倍が売れるのも珍しく、70倍を注文したのは私だけ。ドキドキしながら待っていると、キ、キターーーーーーー!

・食べてみよう

赤い! 他の倍率より圧倒的にルーが赤いぞ!! これは期待できそうである。さっそく食べてみよう。パクリ。

……あれ? そんなに辛くない? 気のせいかな。もう少し食べてみよう。パクリパクリ。

・舌が麻痺してるのかも?

やっぱり辛くない。いや、厳密にはカレーだから普通にピリリと辛いけれど、常識の範囲内の辛さである。これは私の舌が麻痺しているのだろうか? そこで、カメラマンとして同行していた『激辛グルメ祭り』初参加の編集部員あひるねこにも食べてもらったところ……

あひるねこ「なんか……普通にウマいっすね」


そう、普通にウマイのである。なんだろうこの肩透かし感……2015年のエチオピアカレー「ドロワット」や、2016年の幻のインド料理「世界一辛いカレー」の死ぬ間際に思い出しそうな辛さはどこいったよォォォオオオ!

・ビビる必要はない

「70倍」という言葉にビビッてしまうが、このカレーは人が踏み込んでもいい領域の辛さであることをお伝えしたい。また、繰り返すが、辛さより旨味の方が強いため、辛いものが苦手な人でもおそらく食べられるのではないだろうか。

なお、『激辛グルメ祭り』は、3シーズンにわたって開催される。「行きたいけど今週末は行けない」という人は、2ndシーズン、3rdシーズンのスケジュールをチェックしてみよう!

・今回ご紹介したイベントの詳細データ

名称 激辛グルメ祭り
会場 大久保公園
住所 東京都新宿区歌舞伎町2−43
期間 1st ROUND:2017年8月23日~2017年8月27日、2nd ROUND:2017年8月29日~2017年9月3日、3rd ROUND:2017年9月5日~2017年9月10日
時間 11:00~21:00

参考リンク:激辛グルメ祭り2017
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼70倍でも普通にウマイ!