日本人は奥ゆかしい一面がある。特に自慢に関しては敏感であり、直接自分を持ち上げるような表現は避けがちだ。だが! 言いたい!! 自慢したい! という欲求を抑えきれずに、ついつい “匂わせる” ような発言をしてしまうことも。

そうならないように日頃から注意している人は多いだろうが、SNSでは特に注意が必要だ。匂わせるつもりはなかったとしても、その投稿はかなり匂っている。いわゆる「匂わせ投稿」というヤツだ。フォロワーは即座に察知して、言葉に出さなくても「何コイツ、うざい」と思っているかもしれない。そこで、注意が必要な匂わせ投稿を6つ厳選して紹介しよう。

■匂わせ投稿その1 「高級店にいることを匂わせる」

「今日は○○(街の名前)でランチ~♪」とか言いながら、誰もが知るような有名高級店で食事していることを画像でさりげなく匂わせる。この場合 街の名前は、恵比寿・青山・目黒・銀座などが挙げられるだろう。

もっと砕いた言葉の言い回しで、「今日は近場で(食事を)済ませた~」とか言いながら、自分の居住地が高級住宅街に近いことを匂わせる投稿も厄介だ。

■匂わせ投稿その2 「高級品を所有していることを匂わせる」

2017年春頃に話題となった「間接自慢」と同じ。さりげなく写真の片隅に、高級品を写り込ませておき、画像とは関係のない内容を投稿する。「あ~、今日もいい天気」とか言いながら、ブランド品の時計やバッグ、場合によっては車などをチラっと見せておく。車くらいになってくると、もう “匂わせる” レベルではないのだが……。

■匂わせ投稿その3 「 “自分はがんばっている” と匂わせる」

これは男女を問わずにやりがち。筋トレに熱中しているオッサンは特にやりがち。自らの筋トレメニューの一部を紹介しつつ、トレーニングマシンで踏ん張っている画像を投稿する。「今日は60キロを2セット。ちょっと控えめにしておいた(笑)」などと謙遜しながらも、がんばりを匂わせている。

■匂わせ投稿その4 「異性といることを匂わせる」

なかなか不評度合いが高いのが、異性といることを匂わせる投稿。飲食店で料理の写真を撮影する際に、チラっと向かいの席にいる異性の手とかが写り込んでいる。その際に文章はなしで、何かのマークだけを投稿していたり。晴天の日に地面を撮影して、誰かの影だけが見えていたり。実に邪魔臭い。

■匂わせ投稿その5 「有名人と仲良しであることを匂わせる」

これもまた不評度の高い内容だ。誰とは言わないが、誰もが知っていそうな有名人といることを、サラリと匂わせる。欲しいコメントは「え~、○○さんと一緒なの? 何で~!?」みたいな感じである。これまた匂わせる域を逸脱している。一言いえばいいじゃないか、「○○さんと友達、スゴイでしょ~!」と。

■匂わせ投稿その6 「自分はイケていると匂わせる」

自撮りに多いパターン。がんばりを匂わせる投稿に近い内容だ。よくあるのは、スマホを鏡に向けての自撮り。筋トレ系オッサンに多く、心の声としては『俺ってすごいでしょ』である。残念ながら、こういう私(佐藤)もやったりすることがある。だって、こんなにがんばってる自分ってすごいでしょ! って思っているから……。

という訳で、さりげないつもりでもプンプン匂っているので、匂わせ投稿にはみんな気を付けよう。割と嫌われるぞッ!

執筆:佐藤英典
イラスト:Rocketnews24

▼こういうのが、「自分はイケてる」を匂わせる好例だ

またちょっと細くなったかも。左が6月末、右が7月末 #今日の佐藤

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on