美人でスタイル抜群だと何かと得をすることが多いようだが、やはり、容姿だけで人となりを判断されたら良い気はしないものである。

以前にロケットニュースで、「美人は食事代タダ!」との看板を掲げ、堂々と美人をえこひいきするレストランについて紹介した。今度は、またもや中国で「ブラの大きさ」で割引き額が変わるレストランが登場して、大炎上となってしまったようだ。

・「ブラの大きさ」で割引き額が変わるレストランが登場!

米ニュースサイト『FOX NEWS』によると、「ブラの大きさ」で割引き額が変わるレストランは、中国の杭州市にある「Trendy Shrimp:トレンディ・シュリンプ」だ。

なんでも、ブラのサイズがAカップの客は5パーセントの割引が受けられ、Bカップは15パーセントCカップなら25パーセントといった具合に、カップサイズがアップするほど、より多くの割引を受けられる仕組みになっている。

・良い気がしない客もいるのでは……!?

ちなみに、Aカップの筆者がトレンディ・シュリンプに足を運んでも、受けられる割引は5パーセントのみ。例えば、2000円分の食事代なら割引額は100円になり、Cカップの人なら500円の割引を受けられるので、その差額は400円にもなる。

ブラサイズが小さい人にしてみたら、なんだか大きい人よりも自分が劣っているように感じてしまい、さすがに良い気はしないのではないだろうか。

・地域住民やネット民から批判の声が!

それは、地域住民やネット民の意見も同じだったようで、SNSなどでトレンディ・シュリンプに対して、かなり批判の声が挙がっている。

ところが、そういった非難の声に反して、サービスを開始してからというもの同店の売り上げは2割もアップしたとのこと。ただ抗議を受けたこともあり、ブラの大きさで割引き額が変わる宣伝ポスターは取り除かれたそうだ。

「イケメンなら割引」だとか、「男の “ナニ” が大きければ割引アップ!」といったサービスは耳にしたことがない。それだけに、この手のサービスが「女性蔑視だ」と言われても仕方がないかもしれない。

参照元:FOX NEWS(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.