社会人のみなさん、今日もお仕事ご苦労さまです! 突然ですがみなさんは、何のために働いていますか? やりがいや達成感を得られることはもちろんですが、“お金のため”ってのは正直ありますよね? 無いなら無いでどうにかなるけどあっても困らないもの、それがお金です。

ところで、もしみなさんに「タダ働きしてくれ」と依頼が来たらどうしますか? 普通に考えて「え?」ってなりませんか? もっと言えば「非常識だな」と思いませんか? ところが業種によっては「ちょっとタダでやってよ~」という依頼がチラホラあるようです。

・土井麻由実さんのツイートが話題

いま、ツイッター上でプロ司会者・土井麻由実(@7mayu7mayu7)さんの投稿が話題になっています。プロ野球・阪神タイガースの阪神タイガースの公式ホームページや公式携帯サイトにコラムを執筆するなど、ライターとしての顔も持つ土井さんが、自身のツイッターに投稿したのが以下のような内容です。

「先日、司会の仕事を “予算がないのでノーギャラで” と言われたので “プロなのでノーギャラではできません” とキッパリお断りすると、ギャラを提示してきました。

宝石商人に “その宝石、タダでちょうだい” とは絶対に言わないだろうに、形がない仕事には平気で “タダでちょうだい” と言えるの不思議」

この投稿が1日で1万1000リツイートを記録するなど、大きな話題を呼んでいるのです。

・ネットの声

「ノーギャラ提示って、そんなことあるんですね……酷い話です」
「この話、フリーになったアナウンサーさんからよく聞きます」
「日本はほんとうに目に見えない技術やサービスにお金を払いたがらない!」
「そんなの受ける必要ないし、バカにしてる」
「技術とかスキル上げるのにもお金かかるのに無料はないわー」
「ノーギャラと言った本人は給料を得て仕事しているであろう理不尽さ」
「“減るもんじゃねえし” という感覚なんだと思います」
「プロに無料で仕事頼むってのは泥棒に近い」

基本的には土井さんに賛同する声が多い中、一方ではこんな声もあるようです。

「お金払うんで来てください! って言われるようになりゃいい事にすら気付かず自分がまだまだだということにも気付けない自分の未熟さを恨むべき。タダがどーとかじゃないだろ」

価値観は人それぞれなので様々な意見があっていいと思いますが、あなたはどう思うでしょうか? ちなみにこれに似た話だと、Web制作会社で勤める知人は、

「材料費かからないでしょ? 簡単でいいからホームページ作って」
「空いてる時間でいいから、結婚式で流す動画を作って」

……などと、知り合いから頼まれる機会が多いそうです。ネットの声にもあるように、形がないものには「無料でいいでしょ?」と考えている人も意外と多い日本社会。あなたは知らず知らずのうちに失礼な依頼をしていませんか? 一度振り返ってみるのもいいかもしれませんよ。

参照元:Twitter @7mayu7mayu7
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼こちらが土井さんのツイート。あなたはどう思うでしょうか?