本日7月30日は「プロレス記念日」である! これは1953年の今日、日本プロレス界の父・力道山が中心となり “日本プロレス協会” が結成されたことに由来するという。新日本プロレスを中心に、かつての盛り上がりを取り戻しつつあるプロレス界だが、初心者にとっては敷居の高いジャンルであることは間違いない。

そんな人にこそオススメしたいのが、Amazonプライム・ビデオで配信中の『有田と週刊プロレスと』である。2016年11月にスタートしたシーズン1(全25回)が大好評のうちに終了し、2017年7月24日からシーズン2がスタート! 見た人は超高確率で絶賛する、優良すぎるコンテンツだ。

・くりぃむしちゅー有田のプロレストーク番組

「プロレスとは人生の教科書」をテーマに掲げ、プロレス大好き芸人・くりぃむしちゅー有田哲平さんが、熱くプロレスを語る『有田と週刊プロレスと』。Amazonカスタマーレビューでは、5段階中驚異の☆4.8を獲得しているプロレストーク番組だ。

有田さんとプロレス大好き女子の元AKB48倉持明日香さんに加え、ゲストを交えて番組が進行するのだが、とにかく凄いのは「わかりやすさ」である。何かとマニアックかつ複雑になりがちなプロレス話が、有田さんの豊富な知識とトーク力で驚くほどわかりやすく解説されているのだ。

実際に視聴者からは「プロレス全然知らないけどおもしろい!」という声も多く届いているようで、むしろプロレス初心者にこそ猛烈プッシュでオススメしたい番組である。少なくとも、これほどわかりやすいプロレス番組はかつてないし、これからも簡単には登場しないだろう。

・誰でも楽しめる

もちろん、プロレス好きな人も十分に楽しめる。かつてプロレスに熱狂し「最近は見ていない」という人や、逆に「最近プロレスを見始めたけど昔のプロレスは知らない」という人も、懐かしい記憶が蘇ったり、新たな発見があったりするに違いない。

私(P.K.サンジュン)は「最近は観てない派」の人間だが、『有田と週刊プロレスと』を見て「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」に興味を持ち、久しぶりにプロレスを観に行きたくなった。この番組をきっかけに、プロレス熱が再燃しているのだ。

また、毎回30分という短さも手軽で最高。1時間だと見始めるのに気合いがいるが、30分だとサラッと終わるから非常にイイ。スマホから見る場合はWi-Fiのある環境で、あらかじめダウンロードしておくのがオススメだ。

とにもかくにも『有田と週刊プロレスと』は、見たら誰かにオススメしたくなる超優良コンテンツである。たったの30分だから騙されたと思って見て欲しい……マジでハマるから! 『有田と週刊プロレスと』はシーズン2がAmazonプライム・ビデオで配信中だ。もちろんシーズン1も視聴できるぞ。

参考リンク:有田と週刊プロレスと
執筆:P.K.サンジュン

▼シーズン2の予告動画。

▼番組を見ているうちに、自然と倉持明日香さんのことも好きになっているハズだ。

▼プロレスファンもそうじゃない人も、たったの30分だから騙されたと思って見てみてくれ! 超面白いから!!