2017年7月29日は何の日か知っているだろうか? この日は、正式に登録されている訳ではないのだが、日清カップヌードルが「謎(7)肉(29)の日」と言っている。いずれ記念日登録されるのかもしれない。それを記念して、横浜のカップヌードルミュージアムで、あの謎肉をたっぷりと使った謎肉丼(300円)の販売を開始する。

時同じくして、7月29日に日清食品のグループオンラインストアでトンでもない商品の販売を開始するぞ! それは、全面謎肉で覆われた超難解な「謎肉(なぞにっく)キューブ」だ。ルービックキューブの6面全部が謎肉! なぜこんなモノを作った!? 絶対に解けないだろッ!

・当初メガハウスも困惑

この商品は、バンダイナムコグループの玩具メーカー「株式会社メガハウス」とカップヌードルがタッグを組んで生まれたそうだ。日清の方からメガハウスに話を持ち掛けたそうなのだが、謎肉キューブの商品企画を提案した時に、メガハウス担当者は「言っているかわかりません」と答えたそうだ。

そうだよ、意味がわからないんだよ。全面謎肉ってどういうことだ? 実物をたしかめてみると、まず1面の図柄は謎肉。

2面の図柄も謎肉。

3面の図柄もまた謎肉。

4面の図柄もまたまた謎肉。

5面の図柄もこれまた謎肉。

6面の図柄もやっぱり謎肉……。

なんだよコレ、全部一緒じゃねえかッ! と思ったら、面ごとに肉が微妙に違っている。一応パズルとしては成立しているのだが、難しすぎるだろ……。

・挑戦したところ

当編集部のあひるねこに挑戦してもらったところ。

あひるねこ「これムリっすね」と、2秒で諦めた。そりゃ2秒で諦めるだろ。ルービックキューブの世界記録保持者でも、ブチ切れるレベルである。ちなみに、この商品を買うと、6種の謎肉シールのうちの1つ(選べない)がついてくるそうだ。

・属性シールがさらに謎

シールの図柄には「風・土・火・水・光・闇」の6つの属性があるそうだ。だが、特にゲーム性はない。だから、この属性にも意味がない……。ナニがやりたいのか? 「跨ぐなよ!」と言いたくなってしまう

という訳で、この商品は7月27日から予約開始。29日から発売で、1個3888円である。不可能に挑戦したい人は、購入するといいだろう。不可能に挑戦したいならね……。

参考リンク:日清食品グループオンラインストア「謎肉キューブ」
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

謎肉のルービックキューブが鬼畜すぎる……。絶対解けへん

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on