安心の味と値段でそばチェーンの定番となっている富士そば。だが、そんな富士そばの店舗限定メニューには、たまに乱心したとしか思えない斬新なそばが登場する。トマトが丸々1個入った「まるごとトマトそば」や「焼きそばカレー」しかり。

この度、その2つに勝るとも劣らない強烈なインパクトのメニューを発見したためお伝えしたい。その名は「牛肉そば」。名前は普通だが、名は体を表さず。そびえ立つ牛肉の山でそばが1ミリも見えねェェェエエエ! これ、本当にそばかよ!!

・富士そばの結界に守られる街「北千住」

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。本日訪れたのは北千住だ。東西に結界のように富士そばが配置されているこの駅。爆盛り「牛肉そば」に出会ったのは東口店でのこと。

昼時でお腹が空いていた私(中澤)は、入り口に貼られたポスターにくぎ付けになった。天高く盛られた牛肉の山! 踊る「牛肉300g」の文字!! その魔力に吸い寄せられるように店に入り券売機の前に立ったのである。

・気配消しすぎ

だがしかし、券売機にメニューが見つけられない。こんなインパクトの強いメニューだったら、一番上のデカイボタンに配置されてそうだが、もしや期間が終了してしまったのだろうか? と思いきや……

あったーーーーーーーー! 右下にめちゃくちゃ地味に「牛肉」って書いてるゥゥゥウウウ!! 「並(500円)」が100gで「中(700円)」が200g、「大(900円)」で300gになるようだ。腹加減で大一択である。ポチっ。

・肉は別皿

そして、運ばれてきたのは3つの皿。かけそばとご飯と牛肉が分けて盛られていた。これなら、肉とそばを同じペースで食べることができる。その気づかい天晴だ! まあ、私は全部ぶっかけるけどな。ドーン!!

そばを埋め尽くし、天高く積みあがる牛肉。一瞬にしてそばの上に牛肉の山が築かれた。その様子からは、そばの気配さえ感じられない。ウソみたいだろ。これ、そばなんだぜ。

・永遠なる肉の油田

食べてみると、柔らかい牛肉が吉野家の牛丼みたいだ。掘っても掘っても次々と肉が湧き出てくる様子は、さながら肉の油田である。ウソみたいだろ。これ、そばなんだぜ。

さらに、机にはラー油が備え付けで置かれている。試しにラー油をぶっかけてみると、辛みが牛肉とマッチして、さらに肉をかき込む箸が進む。ウソみたいだろ。これ(以下略)

・スタミナをつけたい人は是非

極め付けは、「エナジーソース」と名付けられたにんにく醤油である。セットの小ご飯に有り余る肉を乗せてエナジーソースをぶっかけるだけで……簡易牛丼、爆・誕! ウソみたいだろ。ここ、そば屋なんだぜ

そばは完全にオマケと成り下がっているこのメニュー。だがしかし、牛肉を飽きずに300g食べられるということを考えると、高コスパなメニューであることは間違いないだろう。季節はすでに夏本番! スタミナをつけたい方は是非。

・今回紹介した店舗の情報

店名 名代 富士そば 北千住東口店
住所 東京都足立区千住旭町41−17
営業時間 24時間営業
定休日 無休

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼そばが埋もれるほど大量の肉

▼もはやそばはオマケだ

▼エナジーソースで簡易牛丼を作るも良し

▼ラー油でピリ辛風味を加えるも良し

▼肉はいくらでもあるぞ!

信じられるか? これ……そばなんだぜ?

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on