突然だが、私(中澤)は男子校出身である。しかも、中学の時はほぼ友達がおらず、大学では女ウケがすこぶる悪かった。そのため、たまにある同級生との飲み会はマジで女っ気が皆無。リアルに100パーセント男だらけの飲み会と化す。

世界の半分が決定的に欠けている感覚……だが、それで良いと思う部分もないわけじゃない。男同士はなにせ気楽だ。おそらく、今夜もそこら中で開催されるだろうそんな男子会において、男が話しがちなことややりがちなことを「あるある」という形でご紹介したい。

【女子禁制】男だらけの飲み会でありがちなこと34連発

1. 自分の性癖を暴露する
2. 相手も性癖を暴露する
3. 変態度で負けるとなぜかちょっと悔しい
4. 性癖をちょっと盛る
5. 気づけば変態競争になってる
6. 元カノの面白エピソード
7. 元カノの面白さで負けるとなぜかちょっと悔しい
8. 元カノをちょっと盛る
9. 気づけば元カノの面白さ競争になってる
10. 初恋の相手の名前
11. 初恋の相手を言うのがいまだに恥ずかしい
12. だが、それが良い
13. 好きな女優の話
14. 好きな女優の話(セクシー編)
15. セクシー編の盛り上がり方が異常
16. どういうとこが好きか作品、シーン、体のパーツまでを細かく力説
17. 昔好きだった女優の話(セクシー編)
18. やはり異常に盛り上がる
19. フェチ度で負けると普通に悔しい
20. フェチ度を盛る
21. 気づけばフェチ度競争になってる
22. 風俗の体験談
23. 経験者と未経験者で講習会のようになる
24. 職場のクソさについての愚痴
25. クソさで負けてもやはり悔しい
26. 職場のクソさもちょっと盛る
27. 気づけば職場のクソさ競争になってる
28. 職場の女友達と遊びに行った話
29. その時のドッキリエピソード
30. 現在の彼女や嫁の話はほぼしない
31. 全ての隙間にちょっとしたバイオレンスさのある武勇伝
32. 武勇伝で負けるとかなり悔しい
33. 武勇伝は盛れるだけ盛る
34. いつしか競争に(以下略)

──以上である。男だらけの飲み会は基本的になんでも競争になるのだ。だが、その競争はじゃれ合いのようなもの。グダグダでも許される気楽な場所というのはやはりプライスレスである。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.