男の子なら誰しもが憧れる冒険。そして、どうやらそれは大人になっても変わらないようだ。私(中澤)は、今でも月一くらいでドラゴンボールを探したくなる

そんな冒険心が燃え上がるそば屋を上野で発見した。看板に堂々と書かれた「ハラペーニョ冷やかけ」や「フォアグラエスプーマもり」という意味不明なメニューの数々……つかむっきゃない、このドラゴンボール! オラ、ワクワクすっぞ!!

・入り口開けたら2秒で注文

というわけで、ノリで入店。看板で「とにかく絶品!!」と推されていた「フォアグラエスプーマもり(980円)」を注文した。なお、店員さんに聞いたところ、「フォアグラエスプーマもり」は人気メニューであるとのこと。

・「フォアグラエスプーマもり」の味

運ばれてきたのは、ざるそばと雲のようにふわふわしたつゆ、そして山椒。どうやら、この「雲スープ」こと、特製フォアグラ泡スープにそばをつけて食べるようだ。さっそく、食べてみたところ……

まろやかな旨味の泡がそばを包む初体験の世界が口の中に広がった。これは、ウマい……のか? 多分、ウマイ。カルボナーラみたいな風味だが、さっぱりしていてツルツルいける。そばの良さは生かされているようだ。

山椒をかけてみると、ピリッとしたアクセントが味を引き締め、的を射たような味となる。そばならではの爽やかなのど越しも手伝い、一気に食べきってしまった。

・繊細さを感じる融合っぷり

食べていて思ったのは、繊細な料理であるということ。本来なら相容れ無さそうなフォアグラとそばが仲良く握手している。そこで「ハラペーニョ冷やかけ(780円)」の味も気になった。幸いにもお腹はまだ余裕があるので追加で注文することに。

・「ハラペーニョ冷やかけ」も食べてみる

すると、リクームみたいな色合いのそばが登場。色から察するに、ハラペーニョの他にラー油、ゴマなどかなりラーメン寄りの調味料が使われてそうだ。しかも、信じられるか? これ……「冷やしそば」なんだぜ。食べてみると……

Sparking! ハラペーニョの辛みとゴマのまろやかさ、ラー油が口の中でパチパチ騒ぐ。だがしかし、そのHEAD-CHA-LAな味がそばの爽やかさと一体となり、体中に広がるパノラマ!! 雲を突き抜けFly Away(Fly Away)ーーーーーー!

超絶ウマかった。ピシッと締まった丁寧なそばに強烈なパンチが加わって、次から次へと欲しくなる。相変わらず、初めての味ではあるが、こちらは一撃必殺の分かりやすいウマさだ。七星球(チーシンチュウ)みーっけ!

・今こそアドベンチャー

もちろん、この店には天丼とそばのセットなどちゃんと普通のメニューも充実している。っていうか、私が来店した際は、「フォアグラエスプーマもり」や「ハラペーニョ冷やかけ」を注文してるのは私だけだった。きっと、普通のメニューもウマイんだと思う!

男子の冒険心をくすぐってくれるこのそば屋。胸ワクワクなそば男子は、Let’s try try try 摩訶不思議なメニューに今こそアドベンチャー!!

・今回紹介した店舗の情報

店名 喜乃字屋
住所 東京都台東区上野公園1−54
営業時間 10:00~23:30
定休日 無休(施設による休館あり)

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼「フォアグラエスプーマもり」はまったりした味

▼つゆはそば湯を入れて飲んでもウマかった

▼「ハラペーニョ冷やかけ」はSparking!

▼分かりやすいウマさ

ハラペーニョそば超絶ウマイ

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on