いま、Twitter上ならびにInstagram上で、爆発的にシェアされている改造レシピ系の食べ物が存在する。どんな食べ物なのかを一言で表現するならば、「チーズ蒸しパンに切れ目を入れてオーブンで焼いて溝にハチミツを流し込んだ食い物」である。

そして気になるお味は、“罪深すぎる味” なのだという。焼いたチーズ蒸しパンにハチミツを加えるだけで罪を感じてしまうならば、さらに罪を重ね、ハチミツ代わりに「バターとメープルシロップ」にしたらどうなるものか? 地獄行き覚悟で やってみた。

・海外でも人気っぽい

こちらの凶悪な食べ物がどれだけ話題になっているのかというと、現在(2017年7月19日の16時)の時点で、Twitterでは4万件以上の「いいね」が付き、2万5000件以上もリツイートされ、Instagramにおいては、どういうわけだか海外ユーザーからも大人気。

ちなみに投稿主のTwitterユーザー『@olymposgo』さんによると、「なぜこんなに話題になってるのかわからない。ハチミツが良かったのかなぁ……」とのこと。また、「こんなにウケるなら最初から記事にしときゃよかった……」と、少し泣いていた。

それはさておき、今回作るのはハチミツではなく、「チーズ蒸しパンに切れ目を入れてオーブンで焼いて、溝にバターとメープルシロップを流し込んだ食べ物」だ。よく「オーブンで何分?」と聞かれたりもするので、基本的な作り方も書いておこう。

【チーズ蒸しパンのオーブン焼き】

その1:チーズ蒸しパンを用意します。正式名称は「ヤマザキ 北海道チーズ 蒸しケーキ」だ。

その2:北海道が切れてしまいますが、チーズ蒸しパンに切れ目を入れます。

その3:オーブンに入れて焼きを入れます。ちなみに焼きの時間は、オーブンによってパワーも焼かれ方も違うと思うので、「●分」とは案内できません。

ポイントは、小窓から焼き具合をチェックして、「今だ!」という瞬間に取り出すこと。経験上、菓子パンのオーブン焼きは、「最高の焼け具合」と「焦げパン」の境目が紙一重です。絶対に小窓から「こんがり具合」をチェックして下さい。

その4:焼けたら、切れ目の溝に、ハチミツなりバターなりメイプルシロップなりを流し込んで……ハイ完成!

──以上だ。また、@olymposgo氏によると、「あわせる飲み物は牛乳が至高」とのこと。メチャウマ&激甘のホカホカ焼きチーズ蒸しパンを口の中に含んだだけで白目になるらしいのだが、そこに牛乳を流し込むと……本当に昇天しそうになるという。

・もはや完全に “罪の味”

話は戻って「チーズ蒸しパンに切れ目を入れてオーブンで焼いて、溝にバターとメープルシロップを流し込んだ食べ物」の感想だが、正直言って、ハチミツよりも遥かに重罪。“罪深すぎる味” どころか、もはや完全に “罪の味” であった。

どれだけ罪が重いのかは、バターとメープルシロップがシミシミになった懺悔の断面を見るだけでご理解いただけるかと思う。美味いなんてもんじゃない。大罪だ。

さらに欲張り、罪を重ね、もしもこの溝にアイスを添えたら──と考え始めると、恐ろしくて夜も眠れない。アイス添えの罪の重さは最高刑。執行されたら……脂肪だろう。

参照元:Twitter @olymposgo、山崎製パン『北海道チーズ蒸しケーキ
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼@olymposgo氏「最初から記事にしときゃよかった……」

▼そもそもK.ナガハシの記事をマネしようと思ったら、たまご蒸しパンが売ってなかったので、チーズ蒸しパンを使うようになったとのこと。

▼まったく予想外の人気にビビりまくっている

なんだこれ、ツイッターがスゴイことになってるぞ……

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on

▼次はアイスを入れてみよう……

バター&メープルシロップやばい。罪。#キッチンはとり

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on