男子は、単純だけど定番の食べ物が大好きだ。カレー、ラーメンに揚げ物、そして肉なら何でもいい。困るのは、店に入ってメニューがそういうものだらけだった時である。どれを選んだらいいのか迷っているうちに日が暮れてしまう。いっそのこと、全部食ってやりたいくらいだ。

そんな男子の願いを、胸いっぱいに詰め込んだ素敵すぎる料理を発見したのでお伝えしよう。カレーとチャーハンと排骨(揚げた厚切り豚肉)を、すべて一緒の皿に乗せた『排骨(パーコー)カレーチャーハン』は、男なら一度は食べておきたい究極の野郎飯である!

・昔ながらの中華屋

東京・錦糸町。JR錦糸町駅と両国駅、都営新宿線の菊川駅、それぞれから徒歩10分くらいの場所にある「生駒」という台湾料理屋が、今回の舞台だ。見るからに町の中華屋という佇まいで、一見だと少々入りづらいかもしれない。しかし諸君、ここで我ら男子のドリームが実現するのだよ。

・これを食べろ!

店内はテーブル席のみで決して広くない。相席上等、常連のお客も多いようだ。メニューには激しく男子向けな料理が並んでいるぞ。『純レバ丼』なんて非常に気になるが、絶対に頼みたいのが『排骨カレーチャーハン(税込870円)』だ。これがマジでドリーミン! なのである。

でも、周りのお客を見ていると麺系もウマそうだなぁ。と思っていたら、昼の1時頃に訪れたのにもう排骨が終了してしまったらしい。なに? ギリギリ危ないところだった。やはりかなりの人気店みたい。そこへ、いよいよ『排骨カレーチャーハン』が運ばれてきたぞ。待ってました!

・ルックス最強

たっぷり盛られたカレーチャーハン、その横に添えられた排骨。さらに上からカレーがはみ出さんばかりにかけられている。まさに男子が喜びそうなものだけで構成された皿だ。というか、これはどう転んでもマズいことはないだろう。すでに目がウマいと言っている。

・男子歓喜の味

こういうのは何も考えずにガツガツいくのがウマいんだよ! チャーハンをガガッと口に放り込むと……うわ~これウメぇぇぇええ!! チャーハンとカレーってこんな合うのかよ。そして、チャーハンがカレーに負けていない。カレーがサラッとしているのもあるが、チャーハン自体がしっかりウマいのだ。

チャーハンを追いかけるように、今度は肉々しい排骨をガツンと食らう。カレー・チャーハン・排骨。主張の強い3人の暴れん坊が、我も我もと争うように口の中で暴れるが如くである。その後、最終的に三位一体となるこのボリューム感、満足感がたまらない。夢が、今ここに実現しているのを感じる……。

・男子の夢

量も申し分なく、どこまでも男子に優しい一品であった。毎日毎日嫌になるような暑さだが、汗だくになりながら夢中でかき込むのもまた男子っぽくていいな。忘れていた夢を取り戻したい元・男子たちよ、今こそ腹を減らしてこの地に集え!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 生駒
住所 東京都墨田区緑4−30−9
時間 11:00~14:00、17:00~22:15
休日 水曜

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼カレー+チャーハン+排骨=男子のドリーム実現


▼ガツガツいこう

▼スープ付き