やあ、みんな! 今日もシャカシャカと歯を磨いているかな? 一般的には朝晩の1日2回、オーラル意識の高い人ならば、食事のたびに歯みがきしている人もいることと思うが、出先や移動中など、歯みがきしたくても出来ないことって結構あるよね。

今回は、そんなシーンでこそ大活躍間違いなしの『歯みがきシート』をご紹介したい。無印良品でたまたま発見した商品なのだが、使ってみるとこれが有能! カバンの中に1つは入れておきたい “使えるグッズ” だったのだ。

・原始的な仕組み

無印良品の『歯みがきシート』は税込300円のオーラルケア商品である。その名の通り、1セット12枚の歯みがきシートが入っており、水を使わずにお口の手入れが出来ることが最大の特徴だ。

使い方は至ってシンプル……というよりかなり原始的で、シートを指に巻きつけ、あとはゴシゴシと歯の汚れをふき取っていくだけである。シートには、ほんのりとミント系の香りが付いているから “歯みがき粉シート” と呼んでもいいだろう。

実際に試してみると、歯ブラシほどの “フルリフレッシュ感” はないものの、それなりのスッキリ感はあった。原始的なぶん、歯の表面のザラザラはきれいサッパリ無くなるから、オーラルケアのつなぎとしては十分な役目を果たしてくれるハズだ。

・歯みがき大好きっ子も絶賛

念のため、当編集部内で気付けば歯を磨いている あひるねこに試してもらったところ、

「これは飛行機や新幹線の移動中なんかにイイですね。奥歯はちょっと難しいけど、前歯の方は歯ブラシで磨いたのと変わらないですよ。いや、この発想は無かったですね」

……とのことであった。

旅行や災害時対策にはもちろんのこと、カバンの中に入れておいても損はない無印良品の歯みがきシート。“いざ” というときにも、きっと役に立つハズだから、気になる人はぜひチェックしてみてくれよな!

参考リンク:無印良品「歯みがきシート」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼無印でたまたま発見。さすが無印。

▼12枚入っているぞ。

▼原始的だが、つなぎとしてはかなり重宝するハズ!

無印の歯みがきシートが有能と判明。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on