前人未踏の大記録、29連勝を打ち立てた将棋の藤井聡太四段。プロデビューから無敗を続ける14歳の活躍に、将棋界はもとより日本全国が注目している。2017年6月26日、29連勝を決めた竜王戦の決勝トーナメント・増田康宏四段との対局では、昼食に注文した「豚キムチうどん」にネット上がざわめいた。

夏間近の暑い時期に、藤井四段は一体なぜ、アツアツの豚キムチうどんを注文したのだろうか? 注文したお店「みろく庵」は冷たいそばもうどんもオーダーできるというのに。実際に豚キムチうどんを食べてみたところ、その理由がわかった! 気がする……。

・能楽堂近く

お店は東京メトロ北参道駅から徒歩約5分のところ、国立能楽堂のすぐ近くにある。入り口に「生蕎麦」のちょうちんがかかっている、歴史を感じさせる店構えだ。

メニューを見ると、うどん・そばだけでなく定食メニューもかなり充実している。食べ盛りの藤井四段なら、から揚げや生姜焼き、肉じゃがなどの定食をモリモリ食べるのかと思ったら、先日の対局では豚キムチうどんをオーダー。冬の寒い時期ならわかるのだが、なぜ今豚キムチうどん? 鍋焼きでアツアツだというのに。

・対局に集中できるのか?

注文してみると、グツグツと煮立っている。見るからに熱い! 見ているだけで汗が出て来そうだ。気温が25度を超えるような夏日なら、汁をすすっただけで、汗が噴き出す気さえする。こんなの食べて対局に集中できるのか? 冷やし系のメニューで身体をクールダウンさせた方が対局に集中出来る気がするのだが……。しかし食べてみると。

味は見た目通りにピリリと辛い。豚肉の旨味が辛さとあいまって、食べる手が止まらなくなる。食べる前までは、「暑い時期にアツいものを食べる気になるのか?」なんて思っていたけど、食える! むしろ食いたい!!

・辛さで頭スッキリ!

食べ終えた時には、辛さとアツさで頭スッキリ! しかもほどよく汗をかいて、暑さをうち払うことができたような気さえする。藤井四段はこの豚キムチうどんの効果を考えて、注文したのではないだろうか? そうだ、そうに違いない! そして29連勝という偉業を成し遂げたのだろう。

ちなみにお店の人の話では、藤井四段はみろく庵を訪ねたことがないそうだ。出前でのみ利用しているとのこと。もしかして、師匠の杉本昌隆七段のアドバイスで豚キムチうどんを食べたのかも? いずれにしても、さらなる活躍を期待しよう!

・今回訪問した店舗の情報

店名 みろく庵
住所 東京都渋谷区千駄ケ谷4-19-14
営業時間 11:30〜25:00
定休日 なし(年末年始休業)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

聡太の豚キムチうどん

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on