つい昨日、スーファミソフトが21本も内蔵された任天堂の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」についてお伝えしたが、おそらく硬派なセガ派の面々は、それぞれ勝手に「もしもメガドライブだったら……」と妄想しまくっていたに違いない。

当の筆者も、出勤中の電車の中で、スマホでメモをとりながら、延々と「21本」を厳選していたクチであるが、これが想像以上に辛い作業だった。何がどう辛かったのかはさておいて、とりあえず筆者の考えた「セガクラシックミニ メガドライブ」の収録タイトル21本をご覧になっていただきたい。そして、あれこれと妄想してほしい。

【GO羽鳥チョイス「セガクラシックミニ メガドライブ」21本】

・ソニック・ザ・ヘッジホッグ(セガ)
・ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌(セガ)
・大魔界村(セガ)
・ザ・スーパー忍(セガ)
・ストライダー飛竜(セガ)
・マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー(セガ)
・ゴールデンアックス(セガ)
・アイラブミッキーマウス ふしぎのお城大冒険(セガ)
・ガンスターヒーローズ(トレジャー / セガ)
・コミックスゾーン(セガ)
・武者アレスタ(コンパイル / 東亜プラン)
・サンダーフォースIII(テクノソフト)
・アフターバーナーII(電波新聞社 / マイコンソフト)
・スーパーモナコGP(セガ)
・レッスルボール(ナムコ)
・スピードボール2(CSK総合研究所)
・幽☆遊☆白書 魔強統一戦(トレジャー / セガ)
・レンタヒーロー(セガ)
・ふしぎの海のナディア(ナムコ)
・ぷよぷよ(コンパイル / セガ)
・テトリス(セガ / 発売中止)

──以上厳選21本。選考ポイントは、不朽の名作を軸にしつつ、暴利なプレミア価格がついたレアソフトも入れつつの、任天堂のミニスーファミに入る予定の幻タイトル『スターフォックス2(※発売中止)』に対抗する意味で、幻の『テトリス(※発売中止)』をキラータイトルに据えてみたところである。これで任天堂なんてイチコロだ!

おそらく「なぜソーサリアンが入ってない!」や「重装機兵レイノスを外すとはニワカ」や、「シャイニングシリーズが入ってないなんてセガへの冒涜」、はたまた「ソード・オブ・ソダンはメガドラへの信仰心を試す意味でも必須だろ」的な意見が出ると思うが、どうか許して欲しい。むしろ、みんなも試しにチョイスしてみてくれ。

本当に断腸の思いの連続というか、腸が何本あっても足りないくらいの断腸。それと同時に、上記のように「なぜ●●が入っていない!?」と言われるのだろうな……と考えると、胃まで痛くなってくる始末である。ミニスーファミのソフトを選考した人たちの気持ちが、少しだけ理解できた。心が強くないと難しい。そう、タフすぎて損はない。

執筆:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼これがメガドライブだ!

▼アウトランを落としたのは断腸の極み

▼なんと、あのRAM RIDERさんもメガドライバーのようだ!

▼同僚を無視するほど熱中してしまうのがメガドライブだ