スイーツ界において、チーズケーキの地位はそこまで高くないだろう。「たまに食べたい」と思うくらいで、そもそも種類が乏しく、「レアチーズケーキ」か「ベイクドチーズケーキ」の2種類しか思い浮かばない人がほとんど。しかしそのチーズケーキにトコトンこだわったお店が存在した!

そこは、スイーツ好きを自負する人なら、絶対に知っておいた方がいいお店だ。なぜなら、オリジナルレシピは100種以上! 従来のチーズケーキの概念を根底から覆す商品の数々。東京・学芸大学の「A WORKS(エーワークス)」のケーキは驚きと感動に満ちているッ!!

・アジアンフードのカフェかと思ったら

お店は東急東横線の学芸大学駅東口から徒歩約3分のところにある。古民家を改装したこのお店、外観からは斬新なチーズケーキに出会えるとは思えない。店前のメニュー看板を見ると、カオマンガイやタコライス、トムヤムクンなど、アジアンフードが売りであるのは明らかだ。

ところが中に入ってケーキのショーケースを見ると……。

見たこともないチーズケーキが並んでいる!

このケーキは……ユニコーン? チョコミント?

レインボーってナニ!? これもチーズケーキなの? 何コレすごい! 全部食べてみたいッ!!

・持ち帰りはすぐに完売

ここは人気店で、開店時間の11時半には若い女性や近所の奥さま方が続々と入店する。持ち帰り用のケーキの販売も行っており、開店とほぼ同時に完売してしまう人気ぶり。

メニューを見るとランチが充実しているのだが、今回は無視だ! なぜなら、今日はチーズケーキを食べに来たのだから! とことん堪能してやるッ!!

チーズケーキセット(950円〜)はショーケースからケーキを1種選ぶ。それだけでは食べ足りない私(佐藤)は、セットとほかに4種を選んで、ひとりチーズケーキパーティー開催! 客は自分以外全員女性だが、そんなこと構ってられない! オッサンひとりでケーキ5つ食ってやる!! できることなら全部食べてみたいけど、今日のところは5つで我慢……。

・チーズケーキパーティーーーッ!!

そして待っていると、来たーーーッ! 今まで見たこともないようなチーズケーキたちッ!! ちなみにケーキはすべて単品480円。

■キャラメルパンプキンとチョコミント(トッピング:バナナ)

キャラメルパンプキンは柔らかなかぼちゃの甘さと、ほのかなキャラメルの風味が絶妙!

チョコミントは見た目に反して、ミントの主張は控えめ。優しい清涼感とチョコチップの甘さに癒される。

■ユニコーン(コットンキャンディ付き)

上に乗ってるコットンキャンディの存在感がハンパない。すぐに溶けるのかな? と思ったら、かなりしっかりと作られている。これを口に含みながらケーキを食べると、「ふんわり + しっとり」とした食感を同時に味わうことができるぞ。

■プレーンとレインボー

プレーンとレインボーの見た目は違うけど、味は同じなのだとか。とても信じられない! 2種のケーキと一緒に出てきたのは、レモン搾り器。カットレモンを絞ってかけると、酸味が加わって味の変化を楽しむことができるそうだ。

食べてみると、甘さのなかにも深いコクがあり、そのままでも十分に美味しい。1ホールくらいペロリと食べられてしまう気がする。これにレモンを絞ると……。

おお! 甘さとコクにさわやかなレモンの香気が加わって、美味しさのレベルが1段上がった印象を受ける。味の輪郭がハッキリして、これもイイ! そして、もっとも食べてみたいと思っていたレインボー。

見た目のインパクトを裏切る控えめな甘さ。トゲトゲしい色からは、想像できないほど静かな味わいだ。たしかにプレーンと同じ。う~ん……、美味しい。美味しいけど、見た目から強烈な味を期待してしまうのは、仕方のないことか……。

・いずれ制覇したい!

お店では日替わりで約15種を提供しており、レシピは100以上あるそうだ。そのうちのたった5つしか食べていない。いずれ残りの95種を制覇するために、A WORKSに通うとしよう!

・今回訪問した店舗の情報

店名 A WORKS
住所 東京都目黒区鷹番3-3-7
営業時間 11:30〜22:00
定休日 水曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

とてもカラフルで個性的なチーズケーキを5個も食ってしまった

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on