どんな甘い物好きでも、これは完璧! というパフェに出会えることはナカナカないのではないか。これはいらなかったな、というモノが1皿につき1品くらいは入っていることもあるだろう。自分の好きなものだけが乗ったパフェがあれば夢のようだが、そんなものあるはず……

あ、あったあぁぁぁぁー! 夢だけど夢じゃなかった!! なんと京都の「ことたま白玉専門店」では、自分で選んだトッピングを組み合わせてオリジナルパフェを作ることができるとのこと。これは行くっきゃないでしょ。

・組み合わせは約400万通り

清水寺からほど近くに、ひっそりと店を構える「ことたま」。2階建ての店舗で1階は厨房、2階部分が客席となっている。記者が足を運んだ日は休日だったこともあってか、数人が並んで待っていた。並んでいる間にオーダー表が手渡されるので、希望のトッピングに丸をしよう。

ただ、組み合わせは約400万通りもあるらしく迷うこと必至! アイスやケーキのトッピング、白玉やわらびもちプリンの味、ソースなどを好きに選ぶことができる。記者は果物を中心に、抹茶のわらびもちプリンにラズベリーソース、抹茶アイスにチョコケーキなどを選択した。

・白玉が美味しい

待つこと数分、やって来た! 欲張って乗せすぎたのか、器からあふれんばかりの……というか、あふれているオリジナルパフェが運ばれてきた。欲張ってトッピングを選びすぎると、器から落ちる前に急いで食べる羽目になるので要注意だ。それにしても、どんなものが登場するのかわからないところが楽しいな。

自分の好きなものしか乗せていないから当然だが、これは美味しい。特に注目すべきは白玉。店の看板にも冠してあるくらいなので当然だが、モチモチしていて口に入れるだけで幸せな気分になるウマさなのだ。大きさは50円玉ほどで、それが5粒も入っているのだから食べ応えも十分。

約400万通りもあるのだから、これは他の組み合わせも試してみたくなるな。タイミングが良ければ、可愛い動物型をした “デコ白玉” をトッピングできることもあるようだ。

ちなみに金額は基本的に750円で、ソースとアクセントとなる生クリームなどの追加は各50円プラス。アイスやあんこ等の追加トッピングは150円プラスとなっていた。考えて楽しい、食べて楽しい「ことたま白玉専門店」オリジナルパフェ。京都に出かけた際に、訪れてみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 ことたま白玉専門店
住所 京都府東山区東大路五条下る東入慈法院庵町584−5
時間 月木金12:30〜17:30、土日11:30〜18:30
定休日 火、水曜日

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼自分の好きなトッピングを選択してオリジナルパフェを作ることができるよ

▼存在感バツグンのチョコレートケーキ

▼白玉が美味しかった

▼タイミングが良ければ可愛らしいデコ玉もある模様

▼欲張って盛り過ぎると、器から落ちます

▼路地を入ったところにある「ことたま白玉専門店」