空前のブームはいったん過ぎ去り、もはや食文化のひとつとして受け入れられるようになったパクチー。日本全国2000万人のパクチー大好きっ子たち、通称 “パクチニスト” たちはさぞお喜びのことと思うが、久々に「マジで?」と目を疑うパクチー商品が登場した。

2017年6月20日、森永製菓から発売となった『焼きチョコBAKE(ベイク)』はまさかのパクチー味だという。パクチー味の……チョコだと? 悪ふざけなのか、それともガチなのか? ……8割くらいの確率で悪ふざけだとは思うが、とりあえず試してみたのでご報告したい。

・パクチー味のチョコ?

BAKEといえば溶けないチョコレートとして有名な、夏にピッタリのお菓子である。BAKEそのもののクオリティは疑わないが、パクチーがどう作用するか未知数だ。これまでパクチー味のチョコレートなんて聞いたことがない……。

さらに言うならば、パクチーはそのまま食べると強烈な風味が炸裂するが、他の食材と交わった場合、存在感がなくなるケースも意外と多い。かつてペヤングに大量のパクチーを投入して食べたが、その際は完全にパクチーが死んでいた。

パクチー味を名乗る以上、チョコとしてはもちろんのこと、パクチニストたちを納得させるパクチー感が必要となるが、果たして『焼きチョコBAKEパクチー味』はどんな仕上がりになっているのだろうか?

・食べてみた

さっそく食べてみると、口に入れた瞬間は普通のチョコレートである……が、噛むと意外とパクチーが頑張ってる! おお、やるな!! ただし、やはりカカオが強いので後味はパクチーとチョコが交ざり合い、チョコともパクチーとも言えないどっち付かずの風味である。森永によると、

「人気のパクチーとビターチョコが意外な組合せだけど美味しい! 食べた瞬間、さわやかなパクチーの薫りが広がり、ビターチョコの余韻と相まってクセになるおいしさです」

とのことだが、口に入れた瞬間はチョコ、噛んだらパクチー、後味は両方。クセになるおいしさというよりはクセが強いチョコで、トキメくほど美味しくもなければ、吐きそうなほどマズくもないチョコレート……という感想だ。一言でいえば「評価に困る味」である。

ただし、一定のBAKEクオリティは保っているので、パクチーが苦手でなければ普通に美味しくいただけることだろう。『焼きチョコBAKEパクチー味』は、税込み138円で発売中だ。

参照元:森永製菓「BAKE」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼一言で言えば、評価に困る味だった。

今から試す。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on