“ハワイアンレストラン” やら “ハワイアンダイニング” なんてものは昨今珍しくもないが、そこにあの「すかいらーく」が満を持して参入したため現在話題になっている。2017年6月17日、横浜市中区にオープンした「La Ohana(ラ・オハナ)横浜本牧店」がそうだ。

すかいらーくグループは、ガストやバーミヤン以外にも特殊な業態のカフェ「むさしの森珈琲」などを出店しているが、「ラ・オハナ」は今のところ横浜にしかない超レアな店舗である。これは見逃せないだろ! というわけで、オープン間もないお店を体験しに行ってきたぞ~。

・横浜市内にオープン

横浜というから勝手に駅近なイメージを持っていたのだが、実は「ラ・オハナ」は駅から徒歩では行けない場所にある。みなとみらい線の元町・中華街駅からバスで15分ほどかかるのだ。駐車場があるので車でなら行けるものの、地元民じゃないとちょっと大変かなぁという印象。

・爽やかハワイアン

だがしかし、結果的に「行かないと成仏できない」と思わせるくらいの魅力に溢れていた「ラ・オハナ」。どういうことなのかはこれから説明していこう。中に入ると、当然のようにハワイアンな雰囲気……なのだが、ゴテゴテというよりは風通しの良い爽やか成分が強め。水が流れていたりといい感じだ。

・絶対頼むべきメニュー

「むさしの森珈琲」と同様、広々としたスペースにゆったりとした席があるのが特徴。やはりこういった作りは都心にある店舗だと難しいだろう。さて、激トロピカルな『マリンレモネードソーダ(税抜400円)』でハワイ気分を高めながら、何を注文するかを決めなくては。

ハンバーガー、ロコモコ、パンケーキといった定番は一通りそろっているものの、目玉メニューとして紹介されていたのが『まるまる1羽! フリフリチキン La Ohana』である。実は、ここで絶対頼まないといけないのはこれだ。すごいぞこれは。究極レベルのコスパであると断言しよう。

「百花はちみつ・塩麹などを使用した秘伝のたれでマリネしたまるまる1羽のチキンを豪快にジューシーに焼き上げます」

と、この時点で勝利が約束されたかのような解説をありがとうございます。焼き上がりに時間がかかるため、店に着いたら「いらっしゃいませ」と言われる前にマッハで注文することを熱くオススメする。

・1羽まるごとの超ビッグチキン

さあさあ! ドド~~~ンという効果音と共に、大きな皿に盛りつけられた『フリフリチキン』が登場だ。この効果音はきっと幻聴ではない。間違いなく聞こえた。そのくらいウルトラビッグなチキンが目の前にあるのだから、これはもうライドオンするしかないな。うおー! テンション上がってきたぁぁぁああ!!

・カットはおまかせ

嬉しいことに、チキンは店員さんがテーブルでカットしてくれるのだ。かなりの人気メニューらしく、「最近は夢の中でもチキンをカットしていますよ」とハワイアンジョークに見せかけたガチのお悩みも披露してくれたぞ。にしても、1羽分だけあって凄まじいボリューム。頼むなら2人以上は欲しいところである。

・激ウマ

胸肉ともも肉で分けてくれるので、ここからは無心で食らうのみ! 炭火風味醤油で味付けがされており、パリッと焼き上げられた皮が最強なり。胸肉も非常に柔らかくジューシーに仕上っていることに驚いた後は、ももを手でつかんでワイルドにかじりつこう。わかっていたけど、このチキンめっちゃウメぇぇぇぇぇぇえええ!!!!

・コスパも最強

味については文句なし。さらに、このボリュームで税抜1280円というのだから破格でしかない。おそらく、このサイズを他店で頼むなら2000円以上が基本だろう。一応「オープン特別価格」と書かれてはいるが、聞いてみたところしばらくはこのままとのことだ。マジかよ、本気出しすぎだろ!

・横浜に引っ越したい

個人的には、このチキンだけでも来る価値は十分あると思う。そのくらい久々にキた感じがしたね、うん。むさしの森珈琲の時も思ったことだけど、もう「すかいらーくの……」という枕詞はいらないのでは? というほどの充実ぶりであった。とりあえず横浜市民は全員行くべし。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 La Ohana(ラ・オハナ)横浜本牧店
住所 神奈川県横浜市中区本牧原18-22
時間 7:00~24:00

参考リンク:すかいらーくグループ
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼まるまる1羽! フリフリチキン La Ohana(税抜1280円)

▼店員さんがテーブルでカットしてくれるのだ

▼食べきれなかった分はテイクアウトできるぞ

▼3種のソースに付けてもウマい

▼ガーリックシュリンプ 6尾(税抜780円)

▼他にも気になるメニューが盛りだくさん