最近は、個人が経営する個性的なカフェや独立系ロースタリーが増えはじめ、独自のスタイルを打ち出して人気を博している。

そんななか、ラテを「人参やアボカドをくり抜いたカップ」に入れるカフェが、話題になっているというので紹介したい。どうやら、海外ではトレンドになりつつあるようだぞ!

・野菜をくり抜いたカップに入れたラテが奇想天外!


英ニュースサイト『INDEPENDENT』が、豪シドニーに店を構える「Locals Corner:ローカルズ・コーナー」を、人参やアボカドをくり抜いたカップにラテを入れるカフェとして紹介している。

カフェのFacebookページを見ると、3分の1ほどに切った人参の中身をくり抜き、中にカプチーノが注がれている。しっかりトップにはラテアートも施されているが、ラテ以外にもスムージーなどのヘルシードリンクを売りにしているカフェだけに、ジュースに使用した野菜をカップに再利用しているようなのだ。

・人参の他にアボカドやりんごのカップも!


人参カップのラテを飲んだ客が、中身を飲み干した後にカップまで平らげてしまうのかどうかは謎である。この他にも、りんごやアボカドをくり抜いたカップに入れたラテもあり、ヘルシー感あふれるアイディアがなんとも奇想天外!

野菜や果物の皮はゴミ箱行きになることが多いため、それを再利用すれば見た目にもお洒落だし、皿洗いをする手間も省けてしまう。

・海外では野菜カップのラテがトレンドに!?

ただ、野菜カップを口にした時に人参やアボカドの香りや味がコーヒーと混ざって、ビミョーな味にならないのかが少し気になる。

ローカルズ・コーナー以外にも、アボカドカップのラテは人気を博している模様で、海外ではちょっとしたトレンドになりつつあるようだ。

個性的なカフェやロースタリーが増えつつあるだけに、他店舗と差をつけようと思ったら、次々に新しいスタイルを打ち出さないと生き残れないのかもしれない。これからも、アッと驚くようなメニューやアイディアについて耳にしそうである。

参照元:Facebook @Locals CornerINDEPENDENT(英語)
執筆:Nekolas