結婚式は人生のうちでも大きな晴れ舞台で、特に女性にとっては、どのウェディングドレスを着るかは悩みに悩む大問題である。

それは何歳になっても変わらないようで、93歳の花嫁が、「どの衣装を式で着るべきだと思いますか!?」とSNSでネット民に問いかけて話題になっているのだ。「何歳になっても女なんだなあ~」と思ってしまう、おばあちゃんが超カワイイのである!

・どの衣装を着るべきか悩む93歳の花嫁

豪女性情報サイト『birdnest』が公式Facebookページに、「どの衣装を式で着るべきか悩んでいる……」という93歳のオーストラリア人女性、シルヴィア・マーティンさんの画像を投稿。

長年の友人フランク・レイモンドさんから何度もプロポーズされていたおばあちゃんは、ついに結婚の申し込みを受けることを決意! そこで、式で着る衣装を買いに行ったのだが4枚のドレスを気に入ってしまい、自分では選べないからとネット民による投票で決めることにしたのである。

・4択でネット民に投票を募ることに!


その投稿ではA~Dの4択で、それぞれのドレスを着たシルヴィアさんが写真に写っている。ドレスといっても純白のウェディングドレスではなく、おばあちゃんが選んだのは膝丈のエレガントなワンピーススタイルのドレスだ。

画像を見る限り、明らかにおばあちゃんはワインレッドがお気に入りカラーのようで、ドレスのうち3枚は無地の同色ドレスである。残りの一枚は黒地に赤を基調にした花柄で、この画像を見ると、「何歳になっても女であることは変わりないんだな~」という気持ちになる。シルヴィアさん、可愛い~!!

・ネットの声「衣装替えをして4枚とも着るべき!」

そして、気になるネット民の反応は、「人生は短い。4枚とも式で着ても良いかもね」と衣装替えを提案する声も。また、「どのドレスもとっても似合っているわよ」といった、シルヴィアさんの晴れの日を祝福する声が数多く寄せられている。

筆者は華やかな印象の花柄のBか、女性らしさを感じるレースをあしらったCのドレスが素敵だと思うのだが、式で衣装替えをして、4枚とも着てしまうのもグッドアイディアではないかと思った次第だ。

参照元:Facebook @Birdsnest
執筆:Nekolas