「芸能人は歯が命」なんて言われるが、芸能人でなくても、歯は大事だ。食事によって身体は作られる。その食事が満足にできなければ、健康に影響を与えることになるからだ。歯を丈夫できれいな状態に保つためには、毎日のケアが重要になってくる。

そこで、私(佐藤)が最近 毎週のように通っている歯科医院の先生から教えてもらった歯磨き粉について、紹介したいと思う。この商品「コンクール ジェルコートF」は、Amazonの “大人用歯磨き粉” カテゴリーで、売れ筋1位に輝いている。Amazonでの販売価格は90gで855円(2017年6月2日時点)。では、この商品の一体何がどう良いのか? 現役歯科医師に聞いてみた。

・かかりつけの歯科で教えてもらった

この商品を私に勧めてくれたのは、通院している東京の「小山歯科 中目黒デンタルスクエア」の院長、小山徹先生である。私が通院を初めてからすぐに、先生はこの商品のことを教えてくれた。

実はこの商品、ドラッグストアではあまり取り扱っていない。にもかかわらず、Amazonで売れ筋1位を獲得した。その要因の1つは、歯科医師の間で評価が高いことではないだろうか。当編集部のメンバーも「歯科医の友達がコレを勧めてた」と言っている。

・歯科医師にオススメの点を聞く

他の商品と何が違うのか? どこが良いのか、小山先生に改めて尋ねたところ、以下のように教えてくれた。

小山 「コンクール ジェルコートFをオススメする理由としましては、まず第一に、普通の歯磨き粉は高発泡性のため、磨いた気になってしまい、歯ブラシが当たってない所などが出てくるという研究データがあります。磨き切れていないのに、歯磨きに満足してしまい、おろそかになる可能性があるのです。

しかしコンクールジェルは低発泡性なので、磨き残しに気づきやすく、おのずと1本1本丁寧に磨くことができるでしょう」

発泡性とは、いわゆる歯磨き粉の泡立ちのことを指す。よく泡の立つ高発泡性の歯磨き粉を使っていると、何となく口がさわやかになった気がして、実は全然丁寧に歯が磨けていなかったりする。しかし、コンクールジェルは低反発性なので、磨き具合を確かめる点で優れているそうだ。

小山 「もうひとつオススメの理由は、歯周病菌に対して殺菌効果のある『塩酸クロルヘキシジン』が配合されていること。そして再石灰化を促す『フッ化ナトリウム』も配合されていることです」

……とのことだった。

・1カ月使ってみると

実際に1カ月以上使ってみると、低発泡性がものすごく大きな利点であることがわかった。それによって、私の歯磨きの仕方が根本から変わったと言える。今までは泡立ちの良い歯磨き粉で「ガシガシ磨いて、ハイ終わり!」という感じの、大ざっぱな磨き方をしていた。

その結果、歯と歯茎を傷めてることにまったく気づかずにいたのである。泡が立ちまくるから、歯ブラシをどう動かしているのかも把握していなかった。力任せに磨いて、歯茎から出血することも当たり前だったのだが……。

コンクール ジェルコートFを使うようになって、歯ブラシの動かし方を確認でき、歯のどこを磨いているのかをしっかり把握できるようになったのだ。また、磨き方が優しくなり、歯茎を傷めることも少なくなった。そのおかげで、歯と歯茎の状態が良くなり、現在は引き締まった歯茎を形成するに至っている。

・マウスウォッシュを併用

ちなみに私は、ジェルコートFとマウスウォッシュの「コンクール F」を併用している。これは水で薄めるタイプで、口腔内の刺激が少ない。にもかかわらず、高い殺菌力を持ち、なおかつ歯茎の炎症を抑える力も持っているとのこと。

しかも「コンクール F」を1本購入すれば、使用状況にもよるだろうが1カ月以上使用することが可能だ。コストパフォーマンスがとても高い。

とにかくこの2つを使うことで、私の歯磨きは根本から変わり、健康な口腔内を維持できている。ちょうど良い歯磨き粉が見つからないという人は、一度試してみて欲しい。低発泡性ジェルは多くの市販歯磨き粉にはない、大きなメリットを持っていると思う。

参照元:Amazon コンクール ジェルコートF
協力:小山歯科 中目黒デンタルスクエア
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24