ドトールとコンビニ3社(セブンイレブン・ローソン・ミニストップ)のミルクレープで一番ウマイのはどれだ? それらを食べ比べて検証する企画を以前、本サイトで紹介した。その際、私(佐藤)の独断と偏見で比較した結果、意外にもミニストップの商品が一番美味しいという結果に。

読者からは圧倒的にドトールを支持する声が多かったのだが、改めてドトールのミルクレープの真価を確かめてみたいと思う。今回は同じコーヒーチェーンの「ルノアール」との一騎打ちだ。はたして軍配はドトールとルノアール、どっちに上がるのか!?

・ミルクレープ界をけん引

ミルクレープの地位向上のためにドトールが果たした役割は大きい。21年もの長きにわたって、ミルクレープ界をけん引してきたといっても過言ではないだろう。日本におけるミルクレープの立役者であり、ある意味第一人者でもある。

クレープ生地の食感がしっかりとしており、フォークを入れるとプツプツと生地が切れるのが特徴だ。

・単品では10円しか変わらない

さて、一方のルノアールなのだが、ミルクレープ単体で価格を見たところ、ドトールと10円しか違わない。ドトールは360円、ルノアールは370円となっている。ただしルノアールはケーキ単品でのオーダーが出来ない。

私は今回、ドリップアイスコーヒー(610円)とミルクレープのセットで注文。合計980円になった。なお、ルノアールは店舗によって価格が異なるので、その点、注意が必要だ。

・ルノアールのミルクレープ

さて、実物を見てみると、ドトールに比べて、ルノアールのミルクレープは表面のまだら模様がハッキリとしている。

断面を見ると、2社のクレープ層の数はほぼ同じ。見た目の美しさも甲乙つけがたい。ルックスは互角といって良いだろう。

食べてみると……。う~ん、2社の味はかなり近い。いくぶん、ルノアールの方がクレープ生地がしっかりとしており、生クリームとのバランスも良いように思える。しかし、2社の味に大きく開きがある訳ではない。ドトールの味に慣れ親しんでいる人でも、すんなりと受け入れられる味ではないだろうか。

ミルクレープ単体で見た場合、価格差は10円しかなく、味も近しいものがある。ところが、ルノアールはドリンクとセットで注文する前提がある。そうすると、ミルクレープを食べるために、少なくとも1000円弱支払わなければならない。仮にドトールでドリンクセットにした場合、アイスコーヒーを注文すると合計550円になる。

・ルノアールはドリンクセットでなければ注文できない

近しい味なのに、食べるのに値段が倍近く開いてしまうのだ。この勝負、引き分けとしたいところだが、コスパを考えると圧倒的にドトールに分がある。ということで、この一騎打ちはドトールの勝利だ! 皆さんも食べ比べてみて欲しい。味はかなりいい勝負をしているぞ!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

訳あって、昼飯がミルクレープになってしまった

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on