2007年に初の日本版が発売されてから約10年が経ち、すっかりグルメガイドとしての地位が確立された「ミシュランガイド」。そんなミシュランガイドで数々の超高級店と並び、2016年に見事 “星” を獲得したラーメン店が東京「鳴龍(なきりゅう)」だ。

なんと、その『鳴龍』のカップ麺が、2017年5月29日に全国発売された。実はこのカップ麺、ミシュランの星獲得前に1度発売されており、今回は星獲得後の再販ということで、以前にも増して人気が高まっているもようだ。さて、どれほど本物の味に近いのか? 確かめてみることにした。

・日清食品「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」

日清食品「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」は、希望小売価格205円(税別)の商品で、全国のコンビニやスーパーで買い求めることが可能だ。ちなみに、今回購入したのはセブンイレブンで、価格は200円(税抜)となっていた。

2016年11月、『鳴龍』がミシュランの星獲得と発表された翌日に店舗へ出向いた私(筆者)は、担々麺を食べて感動を覚えたものだ。カップ麺は “あの味” をどこまで再現しているのだろうか? それでは、さっそく実食といこう。

・調理開始

フタを開けて熱湯を入れたら4分待ち、仕上げに別添の特性油をかければ完成である。特性油はラー油のような赤い色をしており、かけることで一気に見た目が華やかになった。ゴマの香りが立ちのぼり、もう食欲はマシマシだ。

・味わってみる

はじめにスープを飲んでみると……ウ、ウマイ! まろやかな鶏ベースのスープに、香ばしくて濃厚なゴマの風味がベストマッチ!!  控えめだが酸味と辛味もほんのり効いていて、店の “あの味” の雰囲気がしっかりと感じられた。

続いて麺をすすれば、これまた絶品! しなやかな細麺にスープがよく絡み、のどごし良好!! カップ麺にしては、かなり再現度の高い一品といえよう。

ネットの声を調べてみると、ミシュランの星獲得店の味を再現したカップ麺というだけあって、多くの人が実際に食べてレビューしている様子が見て取れる。それらのコメントの内容は……。

・ネットの声

「最近食べたカップ麺の中で一番うまかった」
「良く出来てるカップ麺です!」
「クオリティ、再現度ともに抜群の出来だと思う」
「鳴龍とかいうカップ麺うますぎるので買いしめます」
「担々麺好きなら一度食すと良いよ」
「カップ麺でこれだけ美味いとか本物は危険」
「鳴龍のカップ麺が美味すぎて今日もまた買ってしまった」
「実店舗の雰囲気を感じられる一杯」
「カップ麺のレベルじゃない」
「箱買いしよう」

やはり、「ウマい」「再現度が高い」といった高評価のコメントが多いようだ。ちなみに、お酢とラー油をお好みで足して、砕いたカシューナッツをふりかければ、味や食感に奥行きが出て、より本格的な味わいが楽しめるぞ。興味のある方はぜひお試しあれ!

参考リンク:日清食品「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

▼「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」

▼特製油が付属

▼熱湯を入れて4分待ったら……

▼特性油をかけて完成!

▼食べてみると……

▼かなり再現性が高い

▼こちらは本物の「鳴龍 担担麺」

▼ちなみにラー油と……

▼酢と……

▼カシューナッツを入れると……

▼より本格的な味が楽しめるぞ!