当たり前のことを書くが、あのドラえもん氏も愛した「どら焼き」は和菓子である。カステラ風の生地で餡(あん)を挟んだ定番中の定番で、その変わらぬおいしさはドラえもん氏を虜(とりこ)にするのも頷ける。個人的にも大好きな和菓子だ。

そこへ先日、洋菓子で有名な「BAKE」が、どら焼き専門店をオープンしたという情報が入ってきたのだから驚きでしかない。チーズタルトなどが人気の「BAKE」がどら焼き? しかも、ただのどら焼きではなく、『生どら焼き』だというのだ。何それ気になるよ、ドラーえもーーーーん!

・池袋駅構内にある専門店

2017年5月25日、東武池袋駅構内にオープンした生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」。そんなに僕を頼ってばかりだと22世紀に帰っちゃうからね、と私(あひるねこ)を脅すドラえもん氏を連れ、池袋までやって来た。改札の隣という絶好の場所で、すでに10組以上の人が並んでいる。

メニューは現時点で『生どら焼き(税込324円)』1つのみ。店頭で蒸した生地に、餡と生クリームを挟む様子が外からも確認できる。どら焼きに生クリームとは……珍しいが絶対ウマいに決まっているではないか。横にいるドラえもん氏も興味津々だ。

・食べてみた

購入後、ドラ氏と共に編集部へ戻り、すぐに実食へと移った。生クリームが入っているため、通常のどら焼きよりもずいぶん厚みがある。パッと見だとハンバーガーみたいだな。さて、その違いはどの程度のものか? それは手に取るとすぐにわかった。

・フワフワな生地

柔らかっ! 最初に声を上げたのはドラえもん氏だ。普通のどら焼きと違い、生地がスポンジケーキのようにフンワリしているのである。さすが「BAKE」製。横から見ると、生地と餡とクリームのコントラストが美しい。とドラえもん氏も絶賛している。

・さらにフワフワなクリーム

2人揃って口に運ぶ。うわ、ふわっふわ! 生地もふわっふわだが、この生クリームがさらに軽くて超ふわっふわ。そしてどこか洋酒の味もする大人の仕上がりである。そのクリームと、香り高い餡との相性も良い。洋風ではあるが、間違いなくこれはどら焼きだ! これが『生どら焼き』か!!

・和洋折衷

餡とクリーム以外にも、「はくちょうもち」というもち米を使った求肥(和菓子の材料のひとつ)が入っており、和と洋のバランスを取ることに一役買っている。まさに和洋折衷。そう、新食感の超ふわっふわ和洋折衷どら焼き。それが『生どら焼き』の正体だったのだ。

・思わすルー語を操るレベル

先ほどから大人しいドラえもん氏も、新感覚の和洋折衷どら焼きには感じるものがあったらしい。「こんなどら焼き初めてイートしたけど、ベリーにおいしかったよ。ストレッチマン(のび太のことらしい)にもイートさせたい」と、突如ルー語を操るほどであった。

どら焼きは1つずつ透明なケースに入っており、これはお土産にもピッタリだろう。改札の中に入らなくても買えるので、通りがかった時はのぞいてみることをオススメするぞ。ドラえもん氏も認める『生どら焼き』、一度お試しあれ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 生どら焼き専門店 DOU 池袋店
住所 東京都豊島区西池袋1-1-21 東武池袋駅構内店舗
時間 10:00〜22:00

参考リンク:生どら焼き専門店 DOU
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼個数制限があった

▼生地と餡とクリームのコントラストが美しい、とドラえもん氏

▼「はくちょうもち」というもち米を使った求肥

▼新食感の超ふわっふわ和洋折衷どら焼き、それが『生どら焼き』の正体だった

生どら焼き。和洋折衷って感じ。

あひるねこさん(@ahiruneko24)がシェアした投稿 –