大阪の水族館「海遊館」のアイドル的存在と言えば……そう、ジンベエザメだ。たゆたいながら堂々と水槽を泳ぐ様は、一度見たら忘れられないこと請け合い。ジンベエザメは灰色の体に白色の斑点が特徴だが、その模様が陣兵衛羽織(じんべえばおり)に似ているところから名付けられたんだって。

そんなジンベエ模様を、目と舌で感じることのできる商品があることをご存じだろうか。同館で絶賛発売中の「ジンベエソフト」だ。青色と白色のコントラストが美しいミックスソフトで、トッピングのつぶつぶ砂糖菓子がジンベエ感を存分にかもしだしているぞ! 

・とにかく青い色が奇麗なソフト

よくソフトクリームでジンベエっぽさを演出したなあと、感心せざるを得ないジンベエソフト(税込400円)。気になる味はバニラとラムネのミックスだ。まろやかバニラと、さっぱりラムネがベストマッチ!! その上、ジンベエの斑点を模したつぶつぶの砂糖がサクサクで美味しいのだ。

そして何より、印象的なのはその見た目。今までソフトクリームで、これほど奇麗な青色を目にしたことがあるだろうか。いや記者はない。一体全体どうやって、この色を抽出しているのか不思議でならない。マジで奇麗すぎてため息が出るほどだ。

・チンアナゴドッグもおすすめ

そのほかにも、同館の飲食ブースには面白い商品が盛りだくさん! 特に記者が気に入ったのは「チンアナゴドッグ(税込600円)」。約40㎝のホットドッグで、入れ物にチンアナゴがプリントされていて超キュート。ケチャップとマスタードで思い思いにチンアナゴ模様を描けるところが楽しい。

また、食用クラゲをゼリーで固めたものを炭酸水の中に入れた「クラゲ藻塩ソーダ(税込400円)」も販売されていたりと、全体的にすごく大阪っぽいウケを狙ったメニューのオンパレードで個人的にすごくツボだった。

見て楽しいだけでなく、食べて美味しいのだから言うことなしだな。正直、水族館のフードコーナーでこれほどクオリティの高いものが食べられるとは驚きだ。ジンベエソフトにチンアナゴドッグ……海遊館に行った際にはマストやで! 

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 海遊館エントランスビル2階「SEA SAW(シーソー)」、海遊館内4階「マーメイド」
住所 大阪府大阪市港区海岸通1−1−10
時間 10:30〜19:30
定休日 なし

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼青色がとっても奇麗なジンベエソフト

▼ソフトクリームの置物もジンベエ仕様だ! 

▼サッパリしていて美味しい

▼ケチャップとマスタードを使って、自分で模様を描くことのできるチンアナゴドッグ

▼食用クラゲ入りのクラゲ藻塩ソーダもウマし

▼館内、館外にあるフードブースで食べられます

▼海遊館楽しい~!

きょうは海遊館で取材でした。亀さんとアザラシさん可愛かった🐢

Kinoshita_Masamiさん(@masami_1010)がシェアした投稿 –