昔に比べて、最近は人工授精の影響もあってか双子の出生率が増えていると言われる。かくいう筆者も一卵性双生児なのだが、それでも「双子なんです」と言うと驚かれることが多い。

もし双子の兄弟姉妹が一緒に100歳の誕生日を迎えられたら、かなりスペシャルなことではないだろうか。そんな、海外の『きんさんぎんさん』とでも呼びたくなる100歳の双子のおばあちゃんのバースデー写真が「メルヘンチックで超かわいい~!」と話題になっているので紹介したい。

・海外版『きんさんぎんさん』が話題に!

1990年代に日本で話題を呼んだ『きんさんぎんさん』は、双子で一緒に100歳の誕生日を迎えたというだけでも珍しいのに、その ‟金&銀” というおめでたい名前で、さらに人気を博した姉妹である。

そして、海外版『きんさんぎんさん』とでも呼びたくなってしまう双子のおばあちゃんは、海外ニュースサイト「boredpanda」によると、ブラジルのヴィトーリアに住むポウリーナ&マリアさん姉妹だ。

・100歳のバースデーをスペシャルなものに!!


そんな姉妹を被写体に選んで、一連のバースデー写真として撮影したのはフォトグラファーのカミーラ・リマさん。彼女は、今までに100歳を迎えた双子に会ったことがなかったため、2人の誕生日を記念して特別な作品を撮りたかったのだという。

彼女の Facebook ぺージには、白い風船をつけたピンクのフォルクスワーゲンに乗ったり、フリフリのピンクとブルーのお揃いのスカートを身に着けて、ピクニックを楽しむ姉妹の写真などが掲載されている。

・メルヘンチックなバースデー写真が超可愛い~!


ポウリーナ&マリアさん姉妹はおかっぱスタイルの髪型もお揃いで、きんさんぎんさんのようにソックリ!

バラをあしらったピンクとブルーの特製ケーキや頭に載せた花の冠といい、写真の演出が超メルヘンチックでなんとも可愛らしい。きっと、100歳になっても ‟乙女” であることに変わりない姉妹にとって、超スペシャルなバースデーとなったのではないだろうか。

凡人にすぎない筆者と妹も、「100歳まで生きられたら、ちょっとした有名人になれちゃうかも!?」なんて思ってしまった次第である。

参照元:Facebookboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

▼バラをデザインにあしらったケーキも素敵!