突然だが、あなたはどの季節にそばを食べたいと思うだろうか? 春夏秋冬、そばはいつだってウマく食べられるが、私(中澤)は初夏に食べるそばが一番好きである。季節の爽やかさも薬味として味わえるような気がするからだ。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。やってきたのは東京・代々木八幡だ。バンドをしている私にとって、小田急線で下北沢に行く時に通過することでお馴染みなのだが、実はこの駅に知る人ぞ知る名店がある。産地にこだわったその味は激ウマ! そば好きは途中下車必至だ!!

・駅前すぎる

その店の名は『八幡そば』。小田急線代々木八幡駅の南口に密着するようにある。これは好立地♪ と思いきや、訪れた当初、あまりに近すぎて逆にどこにあるかわからなかった。駅前すぎるだろ!

・回転は早め

そうしている間にも客が入っては出ていく。昼時の回転はかなり早いようだ。入店してみると、細長い店内は8席ほどのスペースで、カウンターを挟んで厨房が店の奥に続いている。その厨房のさらに奥から、店長らしき人物が「いらっしゃーいませー!」と遠投のように声を投げかけてきた。なんか和む。

・気合いの宣誓

店内には、「どんなに高値が続いても産地にこだわります」という宣誓のような貼り紙があちこちに貼ってあり、気合いが伝わってくるようだ。ちなみに、そばは北海道幌加内産で、本日は佐賀県産新玉ねぎを使った「かき揚げ天玉(490円)」がオススメとのこと。

・オススメを食らう

さっそく、オススメを注文すると、すぐにカウンターにかき揚げ天玉そばが置かれた。ボリューミーな中細麺の上に、「デーン!」とかき揚げ! 濃い関東系のつゆにキラめく生卵が映える。まずは、そばを食べてみたところ……

ウンマ! モチモチした食感と同時にそばの風味が広がっていく。甘辛つゆと馴染ませれば、さらに箸が加速! なんじゃいこの麺は!? そばだけでも余裕でウメェェェエエエ! 口の中がそば畑や!!

・取り乱しました

……失敬。ついつい取り乱してしまったが、そう言えばトッピングがあったんだった。かき揚げを食べる前にそばを全部食べてしまうところだったぜ。サクッ……

ゴッド。オーマイゴッド。タマネギ・イズ・ベリー・スウィート。アンド・ニンジン・トゥー。ディスイズ・ゴッデスかき揚げ。

失礼。衝撃のあまり英語になってしまった。要約すると、新玉ねぎと人参の甘みがつゆとマッチして神ウマ! さらに、トロける卵がかき揚げとそばをつないでもうハフハフ!! 箸がハフハフ!!! 止まらない!!!!!

気づいたら、丼はつゆまで無くなっていた。今からもう一杯注文したいレベル。小田急線沿いに住んでいる人がうらやましい。途中下車するだけでこの店に来られるのだから。小田急線を使う時は、ぜひこの店に立ち寄ることをオススメしたい。

・今回紹介した店舗の情報

店名 八幡そば
住所 東京都渋谷区富ヶ谷1−2−14
営業時間 月~金7:00~20:00 / 土7:00~15:00
定休日 日、祝日

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼ディス・イズ・ゴッデス・ソバ

良いですね。

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on