2017年12月15日に日本公開が決定し、すでに世界中で盛り上がりを見せつつある『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』。

そんななか、米ディズニーランドが『スター・ウォーズ』ファンに向けたチュロスの販売を開始! 赤&青に色が分かれたライトセーバー仕様となっているため、‟ダークサイド” と ‟ライトサイド” で対決ごっごも出来てしまうぞ!

・米ディズニーランドでライトセーバーのチュロスが販売!

赤&青のライトセーバ仕様になったチュロスが販売されているのは、米カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドだ。しかし、同じディズニーランドとはいえ、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは売られていないようである。

あまり『スター・ウォーズ』に詳しくないという人のために簡単に解説すると、ライトセーバーとは、フォースというエネルギーを操るジェダイ騎士が用いる光を発する剣型の武器のことだ。赤と青色の砂糖がまぶされたチュロスは、もちろん赤がダークサイドのフォースを表していて、青はライトサイドである。

・スター・ウォーズの日に合わせて販売された期間限定商品!!

May the churro be with you! #maythefourthbewithyou #StarWars #maythefourth #churros #alltheglitter #jointhesweetside

A post shared by Carolyn J Randolph (@chasingcarolyn) on

このチュロスは、スター・ウォーズの日である5月4日に合わせて販売開始された期間限定商品で、5月いっぱいまで同ディズニーランドで購入可能だ。ちなみに、なぜ5月4日がスター・ウォーズの日かというと、シリーズの定番台詞 「May the Force be with you:フォースと共にあれ」と「5月4日:May the 4th」を引っ掛けているのである。

チュロスには小さな星型のスプリンクルもまぶされていて、これを握れば、なんちゃってジェダイ騎士の気分を味わえそうである。

・赤と青を購入して対決ごっこで楽しもう!

ライトセーバー仕様のチュロスの価格は4ドル50セント(約510円)で、ぜひとも色違いで購入して対決ごっこを楽しみながら食べたいものだ。

2017年3月には、同ディズニーランドは人気アトラクション「カリブの海賊」の誕生50周年を記念して、レモン味の ‟ゴールデン・チュロス” を販売。ライトセイバーのチュロスは赤と青の色付きだが、味はオリジナルと同じだそうだ。

あと半年もすれば、『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』がいよいよ公開である。それに伴い、これからもスターウォーズ関連の商品やイベントなどが続々と話題となりそうなだけに、オモシロい物があればドンドン紹介していきたいと思う。

参照元:Instagram @chasingcarolyndelish(英語)
執筆:Nekolas