あ~、なんかいいことないかな~。会社行きたくないな~。空から金降ってこねぇかな~。基本的に日々、この3つの考えが脳内をループしている私(あひるねこ)です。でも知っているのだ。人生は、そんなに甘くはないのだと……。

そんな私の灰色の日常に、突如光が差した。その光は金色(こんじき)に輝いており、なんとも豪華絢爛である。この光は一体何なのだろうか? よーく見てみると、それは全身を金箔に包まれた餃子だったのだ! ぎょ、餃子ぁ? そんな餃子があるわけ……おい、新宿にあったぞ! マジかよ!!

・新宿のディープな場所に

東京・新宿駅西口に広がるディープな飲食店街「思い出横丁」。なかなか入りづらい雰囲気に思うかもしれないが、ここにはバラエティ豊かな飲食店がひしめいているのだ。行かなきゃ損損! その中の1軒である「餃子の安亭 新宿思い出横丁店」からは、すでに金の光がダダ漏れとなっている。

・行く前に宝くじを買っておく理由

本日の私の目的は『開運★ドリームジャンボ餃子』という餃子である。名前からしてすでに縁起が良い。こいつを食べればおれも……! だが、お店に入る前に1つアドバイス。こちらのメニューは通常税込1077円なのだが、「ドリームジャンボ宝くじ」を1枚でも持っていくと、なんと300円割引きになるらしい。

それにはわけがある。この餃子は2017年5月10日、「ドリームジャンボ宝くじ」の発売に合わせて新登場したドリーム仕様なのだ。というわけで、私も宝くじを買って入店。よし、この餃子さえ食べれば……当たる! すいませーん、『開運★ドリームジャンボ餃子』くださーい!!

・金ぴか餃子、登場

待つことしばし、何やら厨房の方から私に向かって金の光が射している。その光は徐々に眩しさを増し、テーブルに着く頃には目を開けているのも困難な金ぴか餃子が姿を現した。おおおお! マジで金箔に包まれてるゥゥゥウウ!!

冷静に考えて、金色に輝く餃子など完全に意味不明であり、そこがまた最高である。ただ、出来れば隙間なく金箔を貼ってほしかったという気もするが。形は餃子そのもので、大きさは通常の餃子よりも一回り大きい。味はどうだろうか?

・味も普通ではない

この餃子、見た目も普通じゃないが、具も普通ではないのだ。タコやレンコン、オクラなどが入っていて、食べた瞬間にやって来るのは海鮮の旨みである。また、具の種類の多さによる食感の違いも楽しめる。金箔とか置いておいて、餃子としてめちゃくちゃウマいぞ。

・運気も上がる?

金箔を大量に食べることなんてめったにないが、これが餃子の邪魔になっていることはまったくない。はああああ! なんだか運気も上昇してきたような気がしないでもない。今の私なら『めざましテレビ』の占いでもブッチギリの1位だろう。

・割引後の値段に注目

前述したように、注文の際に宝くじを見せると300円割引になる。実はこれには、安くなる以外にもう1つの意味があるのだ。伝票を見て気付いたのだが、割引後の『開運★ドリームジャンボ餃子』の値段は、なんと777円なのである! そういうことか!! ニクい演出しますね~。

・当たる気しかしない

金箔餃子を食べ終わった今の私は、ドラクエで言うと「うんのよさ 999」くらいであろう。宝くじは1枚しか買っていないが、高い確率で5億円が当たることが予想される。その際は何らかの形で記事にしたいと考えているので、続報に期待してくれよな!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 餃子の安亭(アンテイ)新宿思い出横丁店
住所 東京都新宿区西新宿1-2-1 ファイブKビル 2F
時間 11:30~15:00、17:00~23:30(月~金)、11:30~23:30(土日祝)
休日 なし

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼やはり餃子にはビールだ

▼こちらが通常の餃子、『安亭の焼餃子(税込350円)』

▼比べてみるとサイズがだいぶ違う

▼タコやレンコン、オクラなどが入っている

▼5億円が当たる気しかしない