毎週1回、東京・千駄ヶ谷のポールダンススタジオ「LUXURICA(ラグジュリカ ※男性は紹介制)」に通っている私(佐藤)。時の流れは早いもので、スタジオに通って5カ月が経った。習い始めた12月はこれから冬本番という時期だった。それが気が付けば春を迎え、最近は初夏を思わせる暑ささえ感じる。

さて、今月もレッスンの成果を報告したいと思う。ここ2~3カ月の間、ポールダンスの成長はあまり見られなかったのだが、最近になってようやく停滞の時期を脱したようである。

・手が滑らなくなった

週一のレッスンとはいえ、5カ月も通っていると少しずつ身体が整ってくるようだ。最初のうちはレッスン後半で握力がなくなり、手がやたらと滑っていたのだが、近ごろはグローブの助けもあって、手が滑ることがほとんどなくなった。レッスン翌日の筋肉痛もほぼない。

・体幹トレーニングの効果

今月はさらに、体幹を鍛える目的で、ダヴィンチボディボードに5日間連続で挑戦している。強力なエクササイズを短期集中でやったおかげで、体幹がしっかりとして、以前よりもポールダンスのレッスンがさらに楽になった。この効果はかなり大きい。

実際のところ、私は逆上がりをするとかなりフラついていたのだが、そのフラつきが抑えられるようになったのである。

火曜日未公開だった、パンチ de ポール #ポールダンス佐藤

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on

・新たな悩み……

また、以前は内股がポールに擦れると耐えられないほど痛かったのだが、その痛みにも慣れている。しかしそれとは別の新たな悩みを感じるようになった。それは脚の毛問題だ。

毛があると滑るし、時々巻き込んで痛かったりする。これは処理をしないといけないのだろうか? 私がレッスンを受ける時間には、男性ポールダンサーがいないので、いつか先輩ポールダンサーのショーを観に行き、意見を仰ぎたいと思っているところだ。

・体幹の変化は目で見えにくい……

さて、そんなこんなで5カ月目が終了した。その結果、身体つきはどうなったかというと……。

多少シャープになった気がする。誤差のレベルと言われるかもしれないが、体感的には細くなった気がするのだが。体重も微減、月間を通して1キロ弱減っている。

・さらに大技へ

この2カ月間、同じ技(逆上がりをして脚を組みかえる技)で止まっていたところをようやく脱したので、今後はさらに大きな技に挑めそうな気がする。来月でレッスンから半年! さらに練習に励んで、人前で披露できるようになるぞ~!!

取材協力:ポールダンススタジオ「LUXURICA(ラグジュリカ)」(※男性は紹介制)
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24