尊敬できる先生に出会えた生徒、そして、生徒から深く愛されている先生は幸せ者だ。分かりきったことかもしれないが、いじめ問題やモンペ問題などの前では、つい忘れてしまいがち。しかし今、この事実を思い出させてくれるストーリーが、ネット上で話題を集めている。

生徒から心のこもった手紙を受け取った先生が、その内容に涙が止まらなくなってしまったのだとか。一体どんなことが書かれていたのだろうか?

・教室に残されていた先生への手紙

米アトランタ在住で、小学5年生の担任をしているという Twitter ユーザー @mainey_maine さんが、生徒から受け取ったこの手紙。教室の机の上に置かれていたそうで、いざ読んでみると……涙をこらえるだけでも必死な状態になってしまった。

以下が、ツイッター上で公開されている手紙の内容だ。

「J 先生へ

最高の先生でいてくれて、素晴らしい人でいてくれてありがとうございました! 先生のおかげで、今年はとっても楽しかったです。

他の先生も、J 先生みたいだったらいいのになって思います。先生のことは絶対に忘れません。

先生のことを、お父さんみたいだと思っています。僕は本当のお父さんには会ったことがないけれど、大丈夫です。だって先生が僕を本当の息子みたいに扱ってくれたから。

先生は僕をとっても幸せな気持ちにしてくれました。お腹がすいていたら、何かを食べさせてくれたし、悲しいときには抱きしめてくれた。

先生のことは絶対に忘れません。大好きです。絶対に絶対に忘れません!

愛をこめて、マークスより」

アメリカでは5月が学年末。また小学校が5年制のところも多いので、きっとマークスくんは、離ればなれになってしまう先生にお礼が言いたかったのだろう。それにしても、なんとストレートな愛がつづられていることか。

涙をこらえていた @mainey_maine さんだったが、我慢できなくなったのか、後に「涙が止まらない」ともツイートしている。

この手紙は、14万回以上もリツイートされて大きな話題に。「よい先生でいてくれてありがとう」「涙が出た」などの声が寄せられたり、有名なコメディアンであるスティーブ・ハーベイさんも「教師は子供をボロボロに傷つけることも、強くすることもできる。生徒に前向きな影響を与えてくれてありがとう。素晴らしい」とツイートしているのだった。

参照元:indy100(英語)、Twitter @mainey_maine@IAmSteveHarvey
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.

▼生徒から受け取った手紙がこれだ!

▼その後、涙が止まらなくなってしまった先生

▼「教師は子供をボロボロに傷つけることも、強くすることもできる」とハーベイさんもツイート