いよいよゴールデンウィークに突入する日本列島。あなたはどこかに行く予定はあるだろうか? もしないというのなら、こんなに幸運なことはない。国内最大級の肉の祭典が、本日から開催しているからである。その名も「肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND」

2017年4月28日から5月7日までの10日間、東京・お台場で開催される「肉フェス」。肉好きによる肉好きのための肉の祭典が、今年も連休を熱くする! そこで、肉を食らい尽くすべく開催初日に会場を訪れたぞ。おそらく休日は混雑必至の本イベント。すべての肉好きは必見である!

・晴天のイベント初日

去年の初日は雨だったようだが、今年は雲ひとつない晴天に恵まれた。太陽がギラギラと輝く、まさに肉日和。ダイバーシティ東京の隣に作られた、お台場WONDERLAND特設会場が我々肉好きの聖地だ。会場は広大で、イベント特有の賑やかな雰囲気に胸が高鳴る。

とはいえ平日の昼間のため、さすがに大混雑とまではいかないか。それでもすでに多くの肉好きたちが、各々肉にむさぼりついている。負けてはいられない。今年も全国各地から人気店がズラリと集まっており、自らの嗅覚を頼りにお店を選んでいくのだ。

・電子マネーのチャージを忘れずに

念のため確認だが、ほとんどの肉のお店では現金が使えない。あらかじめ食券を買うか、電子マネーを利用することになるのだ。個人的には電子マネーをオススメするが、会場内ではチャージが出来ないので、前もって多めに入れておくといいだろう。

・初出店を攻める

さて、私(あひるねこ)は今回、肉フェス初出店のブースにその狙いを定めた。来場の際の参考にしていただければ幸いだ。まずは「Cheese Cheers Cafe 渋⾕」の『とろ〜り溢れるラクレット 山小屋チーズの⾁バーガー(1400円)』から行ってみよう!

肉でトマトとオニオンを挟み、そこへトロトロのラクレットチーズがこれでもか! とかけられる。初っ端から贅沢な肉フェスオリジナル肉バーガーは、バンズ代わりの分厚いパテと、とろ~りとしたチーズの組み合わせが鉄板。チーズがウマすぎて、包み紙ごと舐め回したくなる勢いだった。

・ウマすぎてノックアウト

そして、この日ブッチギリでウマかったのが「赤坂 NoMad Grill」の『短角和牛サーロイン&山形牛カルビのWステーキ(1400円)』だ。これはもう反則よ。サーロインとカルビという牛肉界の2トップを、特製ソースでいただくのだが……もはや野外で食べる味じゃないぞ!

特にサーロインを食べた時は、「やべえ……」と言いながら1人幸せを噛みしめてしまった。口に入れた瞬間にその上質さがわかるくらいで、焼き方も完璧。この量で1400円は少々高いが、それに見合った満足を与えてくれることを約束しよう。あ~ウマかった。

・700円と1400円

感覚として、1400円メニューは量は決して多くないが、味は抜群。逆に700円メニューは、値段の割に量が多くてお得感があった。その700円メニューの中で、私が食べたのが「近江牛の肉餃子 包王」の『牛とんぽう(700円)』だ。ビッグサイズの餃子が4個。これは食べごたえがありそう。

パリッとした皮から出てくるジューシーな肉汁がたまらん。これはどう考えてもビールだろう。周りを見回すと、会場内で売られている様々なビールを飲み比べている人多数。このお天気に肉とビール。最高でしょ。最&高でしょ。

・コスパに優れたメニューもある

まだまだいくで~。最後に食べた「肉の五合 神楽坂店」の『トリュフ塩で⾷べる! 南州うまか豚塩カツレツ』はかなりの良コスパ。こういったイベントの料理は高くて少ない、という先入観を覆すのではないか。

スマホの1.5倍はありそうなカツレツがダイナミック。イタリア産トリュフ塩で食べるなんて、さすが神楽坂のお店だ。衣の厚さが少し気になったが、これも満足度の高いメニューだと思われる。

・狙い目は初出店のブース

一通り回って気付いたのが、こういった初出店のブースに並ぶ人の少なさだ。それに対し、毎年出店する定番のブースは大行列が出来ている。みんな人が並んでいる所に並んでいるのか? ハッキリ言って、これは悪手以外の何物でもない。

・思った以上に待つ

お店は基本的に1組ずつしか対応出来ない。しかも、その1組1組にかなり時間がかかるため、行列の最後尾なんてどのくらい待つかわからないぞ。ちなみに、あの激ウマだったステーキなんて待ち時間ゼロで買えたのだ。そっちに行った方が絶対いいと思うのだが。

平日の昼間でこれなのだから、連休中の行列は想像を絶する。私からのアドバイスは、大行列に並ぶくらいなら比較的空いているお店をいっぱい回ろう。これに尽きる。

・土日は晴れ!

余計なお世話はこれくらいにして、当日は思う存分、肉を楽しんでいただきたい。これだけの肉料理を1度に楽しめる機会は、そうはないはずだ。幸い、今週の土日は晴れマークがついている。ビールを飲みながら肉を楽しむ、最高の連休にしようじゃないか!

・今回ご紹介したイベントの詳細データ

イベント名 肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND
場所 お台場WONDERLAND特設会場(東京都江東区青海)
開催期間 2017年4月28日~2017年5月7日
時間 10:00~21:00(4/28、5/1、5/2は12:00~21:00)

参考リンク:肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼食券は会場内でも売られている

▼トロトロのラクレットチーズがこれでもか! とかけられる

▼口に入れた瞬間にその上質さがわかるくらいで、焼き方も完璧

▼もはや野外で食べる味じゃないぞ!