男のロマン、デカ盛りグルメ。最近では体型を気にし「脂肪分は控えめ☆」「炭水化物は食べない☆」なんて男子も増えているらしい。……バッキャロォォォオオオ!“デカ盛り” と聞いて心が弾まないなんて男失格!! そんなときこそ燃える闘魂発動でしょうよ! 諦めたら……そこで試合終了ですよ?

それはさておき今回は、東京・鶯谷で評判のデカ盛りグルメをご紹介したい。なんでも、あの人気ドラマ「孤独のグルメ」でも紹介されたというお店の名は『デン(DEN)』である。しかも昔ながらの喫茶店というから、ワクワクが止まらないじゃないか……!

・名物は「グラパン」

JR鶯谷駅から徒歩5分弱のところに店を構えているデン。創業は1972年、この地で40年以上も愛されている老舗喫茶店である。朝は9時から開店、いまだに全面喫煙OKとは、まさに昔ながらの喫茶店といえるだろう。

デンで最も有名なのは「元祖グラパン」だ。食パン丸ごと1斤の中身をくり抜き、中にホワイトシチューを詰め込んだ、グラタンとパンの合作料理である。言うまでもなくグラタンとパンの相性は最高だから、食べる前からウマい予感しかしない。

・「孤独のグルメ」にも登場

今回は名物・グラパン(税込850円)と、「孤独のグルメ」で五郎さんが注文したというクリームソーダ(550円)をオーダー。常連客らしきご老人たちの日常トークを耳にしつつ待っていると、まずはグラパンがやって来た。そのビジュアルは……。

ドーーーン!

……としか言えない圧倒的な迫力である。さっそく食べてみると、問答無用でウマい、あからさまにウマい、どの角度でもウマい! こんがり焼かれた食パンはむしろ耳が美味しく、耳のサクサク、パン生地のフワフワ、シチューと合体してトロトロ……と様々な食感が味わえた。

しかもボリュームもハンパない! 当初は「余裕でイケる」と踏んでいたが、食べ始めると想像以上に減っていかない。ひたすら美味しい時間が続くので嬉しい悲鳴ではあるが、小腹に収まる量ではないと記述しておこう。どうかお腹はペコペコにして挑んで欲しい。

・クリームソーダもヤバい

さらに食後にやって来た、クリームソーダもスゴイ。ズドーーーン! ……である。クリームソーダにおける、アイスとソーダの “暗黙の比率” を完全に無視したクリームが主役のクリームソーダ、つまり「ソーダクリーム状態」と言っていいハズだ。

味は間違いようがなく、クリームソーダを実食中はひたすらハッピーな時間だけが訪れる。料理登場前のワクワク感もさることながら、実際に料理がどれもウマい。おまけに店を出てからもしばらくは幸せの余韻が続くから……デンは単なるヘブン(天国)であった。

なお、土日祝日限定の「牛スジシチューのデミグラスグラパン」なるレアメニューもあるらしいので、気になる人はぜひ足を運んで欲しい。その際、普通の喫茶店だとは思わず戦いを挑む覚悟で、お腹は空かせておくといいだろう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 デン(DEN)
住所 東京都台東区根岸3-3-18
時間 09:00~18:30
休日 不定休

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼グラパンの高さ。ハイアットやで。

▼中身はトロトロ。ウマくないわけがない。

▼完全にソーダとクリームの比率を無視している……がウマい。

▼器に沿ってソフトクリームが盛り付けられているので、意外と早く穴が見つかるぞ。ここからストローを挿そう。

▼土日祝限定のメニューも気になる……。

▼今回は開店直後の朝9時から食べてきたぞ。お腹パンパン!

朝っぱらからとんでもないクリームソーダを飲んでる。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on