10年あれば、何だって出来るようになりそうな気がするもの。ダイエットが成功したり、外国語がペラペラになったり、空が飛べるようになったり……ってイヤイヤ。空は飛べないかな。でも、絵は上手くなれるみたい。

ということで今回は、10年間絵の練習を続けてきた男性をご紹介。彼のビフォーアフターの絵を見てみると……うわあああああ! ここまで上達するのは、空を飛べるようになるくらい難しそう。10年続けるってスッゲーことなんだな!!

・13才の自画像 & 23才の自画像

海外掲示板サイト『Reddit』で、マイルス・ジョンストンさん(ユーザー名:Miles___ )が、13才と23才のときに描いた2枚の自画像を公開した。果たして10年間で、彼の絵の腕前はどれくらい上がったのか?

Just because I think this stuff is fun, here is a little 10 years apart retrospective. Both were drawn from a mirror, and I think both more or less represent my best effort at the time. The left hand side I was aged 13, and I had just discovered conceptart.org. I remember I was so excited about trying to get good at drawing, this was done lying on my bedroom floor after school one night. I think all the intensity and apparent manic look was more or less just a result of not knowing anything about how to draw any better, I was actually very happy then. Looking back I was so lucky to have the support of so many awesome artists online from conceptart.org and my family who were always supportive of the increasing amount of time I put into drawing. It's really hard to talk about this stuff without sounding cheesy or self aggrandizing, but I'm just so glad to have gone down this route and don't plan on stopping. I love that we can use technology to connect and share so much, I know its easy to be cynical and the internet has so many weird negative social effects too, but I know there must be many people like me who wouldn't be doing what they are doing without it. Thanks for looking and your support means so much to me! I hope to keep on growing and making new work for years to come

A post shared by Miles Johnston (@miles_art) on

まず13才の自画像。髪の毛の流れ、鋭い目などが鉛筆で細かく描かれており、真剣さが伝わってくる。これはこれで上手なのだが、23才の自画像に目を移すと……え、こっちは写真? 絵じゃなくて写真じゃないの!? と眼を疑ってしまうほどの出来栄え。陰影の付けかたから、質感までなんとも見事である。

トーンのある紙に木炭とチョークで描かれているそうだが、いやあ、10年の練習で、ここまで上手くなるのか。まさに継続は力なりだ。

・「毎日描き続ける」「練習を愛する」ことが大切

「本物っぽすぎる」「まさか別人になったの? それくらい上手い」など『Reddit』上でも、彼の2枚の自画像は話題に。

「どうやったらこんなに上達したの?」という質問に対してジョンストンさんは、「絵を描くのは楽しいけれど、とてもフラストレーションがたまる行為でもある」と述べつつも、「毎日休まずに描き続けること」「練習を愛すること」「描くのをヤメないこと」が大切だと回答していた。

Working on a self portrait. Fun drawing on a larger scale than usual

A post shared by Miles Johnston (@miles_art) on

また『conceptart.org,』というアートフォーラムで、仲間に刺激されたり助けられたりしながら、楽しんで腕を磨いたとも明かしていたのだった。今ではプロの画家として活躍しているジョンストンさんの作品は、Instagram などでも見ることが出来るぞ!

石の上にも三年、雨垂れ石を穿つ(うがつ)。努力して上達すれば、立っている位置も変わり、今までとは違った風景を目にすることが出来るようになる。それは、空が飛べるようになるくらい、辛く、楽しく、気持ちのよいことなのではないだろうか? 

参照元:RedditMILES_ART(英語)、ImgurInstagram
執筆:小千谷サチ

▼10年ってスゴいんだな!

▼真ん中は19才のときに描いた自画像だそう

▼ジョンストンさんは、プロの画家なのだ!