あなたは幽霊を信じますか? まことしやかに語り継がれる怪談・都市伝説、全国各地での目撃談や奇妙な事故の数々……そんな激ヤバ心霊スポットに潜入リポートするのが「心霊スポット検証」である。

今回は、千葉県のJR西千葉駅前にあるロータリー。ロータリーが心霊スポット? と思うかもしれないが、ここには『祟りの松』と呼ばれる松の木が植えられており、伐採しようとする者に災いをもたらすとの噂があるのだ。一体、どれほど恐ろしいことが起こるのか?

・透き通った人間を目撃

そもそも今回の心霊スポットを検証しようと決めたのは、先日 千葉県在住の友人が『祟りの松』に関する恐ろしい噂を教えてくれたからだ。何でもその松は、同地で処刑された罪人の魂を供養するために植えられたもので、過去に伐採しようとした作業員たちが病気やケガに見舞われたという。

実際、友人は「祟りの松近くで透き通った人間を見た」「近寄ると呪われる」と話しており、地元住民の間では怪奇現象が起こる場所として有名とのこと。一体どれほど恐ろしいスポットなのか、それを確かめる今回の検証。不安を抱きつつ、さっそく私(りょう)はJR西千葉駅に足を運んだ。

・稲荷神社で参拝

午後10時すぎ、西千葉駅に到着。北口には噂のロータリーが広がっているが、ふと駅出口のすぐ横を見ると鳥居を発見! 「西千葉稲荷大明神」と刻まれた石碑の奥には、のぼり旗がビッシリ並んだ参道になっている。引き寄せられるように中に入ってみたところ……

参道はうっすら街灯に照らされているのみで、風にあおられたのぼり旗が「ギギギーッ」と不気味な音を奏でている。神社の外には人の姿があるものの、まるで現世と切り離されたような不思議な雰囲気だ。

さらに奥に進むと、お稲荷様が祀られていた。ここは祟りの松と何か関係があるのだろうか。とりあえず、「検証で呪われませんように!」と祈り、いよいよ本題の祟りの松へと向かった。

・祟りの松に近寄る

改めて北口周辺を見渡すと、ロータリーと一般道に挟まれた緑地帯に1本の木があるのに気がつく。あれが祟りの松か……街灯よりも高い松は全容が見えず、うっそうとした雰囲気だ。

一歩ずつ松の方へ歩いてみる。近寄ったら呪われる……友人の言葉を思い出しゾクッとしたその時! あるものが目に入った。

タバコの吸い殻が入った鍋だ。きっとバスやタクシーの運転手さんの物と思われるが、松の周辺にたくさん置いてある。みんな呪いが怖くないのだろうか? そして先ほどから足が重くなり、体が何かの危険が察知しているような気がする……。

すでにイヤな予感しかしないが、なんとか祟りの松の下に到着。近くで見ると、かなりの迫力である。樹齢100年は超えているのではなかろうか。その存在感に圧倒されつつ、写真を撮って帰ろうとした次の瞬間!

「ガサガサッ」と松の上の方で何かが動く音が! ビックリして見上げたものの、鳥や猫などの姿は見当たらない。じゃあ何だったんだ、さっきの音は……。いや! 待て待て!! そもそもこの感覚は何だ!? 薄暗い枝の隙間から無数の視線を感じるのだ!! 

今すぐ逃げなきゃ不吉なことが起こりそうだが、自分の中の勇者が「呪いの正体を暴け!」とささやく。逃げるべきか、それとも撮影するべきか。冷や汗でシャツがビショビショになりながらも、導き出した結論は「撮影」だ。私は勇気を振り絞って、カメラのシャッターを押した。だがしかし……!!

残念ながらと言うべきなのか、幸いにと言うべきなのか分からないが、写真に幽霊らしきものは映っていなかった……。もしかしたら、検証前にお参りしたお稲荷様が助けてくれたのかもしれない。

・検証後

数日たった現在も呪われた気配は無いが、祟りの松で不気味な体験をしたのは事実である。心霊スポットとしてのドキドキ感は5段階評価で星3つ。駅前で人通りもあるが、それなりに恐怖を与えてくれる場所と言えるだろう。なお、検証する際はくれぐれも松にイタズラしないように。呪われても知らないぞ。

Report:心霊スポット評論家・りょう
Photo:RocketNews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「心霊スポット検証」

▼西千葉駅を見下ろす「祟りの松」は存在感バツグンだ