少し前、大勢が集まって一斉にマネキン人形のように静止する「マネキンチャレンジ」が世界中で大流行した。

その変形バージョンとも言えるような、‟蝋(ろう)人形チャレンジ” とでも呼びたいイタズラを仕掛けた男性が、SNSで話題となっているので紹介したい。観光名所ともなっているマダム・タッソー蝋人形館で、ある男性が人形の振りをしたところ、騙された来館者に写真を取られまくってしまったというのだ!

・蝋人形館で人形の振りをしたらこうなった!

ウェールズの首都カーディフに住むウサマ・シャムサンさんが、ロンドンのマダム・タッソーへ足を運んだ時のこと。マダム・タッソーは、セレブや著名人の等身大フィギュアが取り揃えてある人気スポットで、来館者はお気に入りのセレブの人形と一緒に記念撮影するのが常となっている。

そこで彼は、人形館でマネキンのようにジイ~と静止してポーズを取ったら、周りの人がどんな反応を示すか試してみることにしたのだ。

・ウサマさんを撮影する来館者が続出!!

その様子を捉えた動画を見ると、子供達がウサマさんをツンツン突っついたり、触ってビックリした様子で逃げて行ったり、ナカナカ面白い反応を示しているではないか!

彼が蝋人形の振りをしていたのはたった数分だったそうだが、ウサマさんが何者かも知らないのに写真撮影をする来館者が続出! 彼は「蝋人形のモデルが誰だか知らなくても、入場料を支払ったからには元を取りたいんだろうね」とコメントを発している。

・人形の振りをしていないオジさんをリアルに間違えちゃった!

ちなみに、筆者もロンドンのマダム・タッソーを訪れた時に似たような経験をしたことがある。蝋人形を見て回っている時に、あるオジさんが人形のそばにジイ~と立っていたのだが、人形だと思い込んだ筆者が「この有名人は誰だろう!?」とガン見していたら、オジさんが急に動いてビックリ仰天!

そのオジさんは人形の振りをしていた訳でもなんでもなく、そばにあったマイケル・ジャクソンの人形の撮影に忙しい奥様をボ~っと待っていただけだったのだ。だが、筆者に人形だと間違われたことに気づいて、同時に二人で大爆笑する展開に! あまり蝋人形の記憶はないが、この出来事だけは今でも鮮明に覚えていて楽しい想い出のひとつである。

人形の振りをしていないオジさんを蝋人形だと間違えてしまうバカな人もいるので、来客者がウサマさんに騙されてしまったことに納得な筆者であった。

参照元:Instagram @usamashamsanMirror(英語)
執筆:Nekolas

▼蝋人形館で人形の振りをしたらこうなった!

A post shared by Usama Shamsan (@usamashamsan) on