女子の皆さんに、大至急ステキな情報をお伝えしたい! このニュースは女子向けなので、男性は女子の気分で読んで欲しい。オッサンは、決して女の子をデートに誘う口実に使わないように! くれぐれも注意して頂きたい。

さて、本題に行こう。イチゴが嫌いな女子はあまりいないと思う。むしろ好き! とことん食べたい!! そんなイチゴ好き女子の欲求を満たす、最高のサービスを発見した。それが、果実園リーベル新宿店のイチゴの食べ放題である。2800円(税別)90分イチゴ食べ放題! “あまおう” を使ったサンドイッチも食べ放題だ! その攻略法をお伝えしよう。

・新宿駅からすぐ

お店はJR新宿駅南口を出て徒歩3分のところにある。駅前の交差点を代々木方面に向かって、すぐのところ。果実をあしらった看板があるので、わかりやすいはず。

さて、この食べ放題サービスは、平日(月~木)の14時半から19時の間のみ実施しており、2017年4月から始まったようだ。

・朝昼ごはんは抜いた方が良いかも

平日の早い時間であれば、30分も待たずにテーブルに着くことができるだろう。ちなみに私(佐藤)は木曜日の15時にお店に着いた。入り口の紙に名前を書いて、スタッフに呼ばれるのを待つ。この日はおおむね20分程度待っただろうか。1時間も待たずにイチゴ食べ放題にありつけるのならOK!

余談だが、私はこの日、痛恨のミスを犯している。それは、昼ごはんをヨソで食べてしまったことだ。そのため、そこまで多く食えなかったのだ。イチゴ食べ放題に参加する人は、その日の朝も昼も抜いておいた方が良いだろう。

・パスタが厄介

席に着くと、食べ放題の説明をされる。ドリンクはセルフサービスで飲み放題。イチゴとあまおうサンドは、キッチンスタッフに直接お願いして提供してもらう。ここまでは想定内だ。

ひとつ厄介なのが、「パスタがついてくること」。え!? イチゴを食べまくる予定だったのに、パスタ食うの!? そうだ、パスタを外すことはできないので要注意。だから、朝も昼も抜いておく必要がある。ちなみにパスタは、先に持って来てもらうか、後に持って来てもらうかを選ぶことができる。私は先に食べることをオススメする。なぜなら、イチゴでパンパンになった腹に、パスタは入らないからだ。

・1皿約25個

まずはパスタをやっつける! この日のパスタは、ケッパーとイワシを使ったオイルパスタ。ニンニクの香りが食欲をそそる。美味しいので堪能したかったけど、パスタは脇役だ!

速攻でパスタを平らげて、一回戦目のイチゴ盛り! 皿には25個の美しいイチゴが乗っている。そうだ、もうひとつ大事なこと。イチゴは個数を指定できない。したがって、1皿に盛られている数は決まっているので、おかわりする時に注意だ。

そして、あまおうサンドもテーブルに運んで準備完了! あとは食うだけッ!

・食べまくれる幸せ

この日はとちおとめ・紅ほっぺ・さがほのか・白イチゴなど、8種の品種が用意されていた。どれがどれだか、サッパリわからないけど、とにかく一粒一粒の形が良く、どれを食べても美味しい! 甘酸っぱいイチゴをこれでもかと口に頬張るのは至福だ。オッサンの私でも幸せに感じる。

早々と一回戦目を制して、すぐに二回戦目!

今度は、コンデンスミルクをイチゴにたっぷりとかけて頂くことに!! 何というぜい沢ッ! ちなみにスタッフにお願いをすれば、ホイップクリームやチョコレートソースも出してもらえるぞ。

・突然終わりがやってきた!

順調に食べ進めていたのだが、二回戦目の中盤に来て突然異変が!! 昼ごはんが胃袋に重くのしかかってきて、半分を超えたあたりでペースダウンし、なんと2皿目を平らげることができなかった! あと5個を残して断念してしまったのだ。

しかもしかも、1杯だけオーダーできるイチゴジュースを注文し忘れていたのである。しまった……、ベストなコンディションで挑まないから、こんなことになってしまうのだ……。

という訳で、イチゴ食べ放題に挑みたい女子の皆さん! 最高の状態で挑んで欲しい。そして心ゆくまで、イチゴの美味しさを堪能してくれーーーッ!!

・今回訪問した店舗の情報

店名 果実園リーベル新宿店
住所 東京都渋谷区代々木2-7-7 南新宿277ビル B1F
営業時間 7:30〜23:00(イチゴ食べ放題は月~木の14:30~19:00)
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼あまりムリをしないように。美味しく食べるように心がけよう

いちご食いまくった。お腹痛い

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on