日本が世界に誇る任天堂が生み出したスーパーマリオブラザーズは、ゲームのみならずキャラクターグッズとしても絶大な人気を博している。

そんな、スーパーマリオをテーマにしたパブがアメリカに出現し、2時間待ちの行列が出来るほどの人気ぶりを発揮しているというので紹介したいと思う。

・スーパーマリオをテーマにしたパブが出現!

米ワシントンD.C.のモッキングバード・ヒルに出現した「チェリーブロッサム・パブ」は、スーパーマリオをテーマにした珍しいパブだ。バー「Southern Efficiency:サザン・エフィシェンシー」と地域団体のコラボによって誕生した同店は、空き店舗に突然出店するポップアップ・ストアである。

壁はスーパーマリオのキャラクターがデザインされ、店の至る所にマリオグッズがひしめき合い、店で働くスタッフもマリオやルイージのコスチュームでキメるこだわりようだ。

・店名は日本がワシントンD.C.に寄贈した桜に由来

This is what dedication looks like at #CherryBlossomPUB. 📸 @robinzomg

A post shared by Drink Company (@drinkcompany) on

また、ドリンクにもスーパーマリオや日本にちなんだ名前が命名されていて、「I Call Yoshi!:ヨッシーを呼ぼう」や「1,000 PAPER CRANES:千羽鶴」といったカクテルも取り揃えてある。

パブの名前にもなっている ‟チェリーブロッサム:桜” は日本を代表する花だが、1900年代初頭に日本大使館がワシントンD.C.に2000本の桜の木を寄贈し、現地は桜で有名な場所として知られるようになったという経緯がある。

・2時間待ちの行列が出来るほどの人気!!

そして、スーパーマリオをテーマにしたパブの隣には、桜をテーマにしたパブも登場。こちらは、天井に桜のデコレーションがふんだんに施され、まるで満開の桜の下で花見をしているかのような雰囲気で、お酒が楽しめる作りとなっている。

スーパーマリオのファンだけでなく日本愛好家達も足を運ぶとのことで、期間限定パブということもあり、2時間待ちの行列が出来るほどの人気になっているそうだ。

こうやって、海外の人が日本の文化を再現して楽しんでくれるとは、本当に嬉しく素晴らしいことではないだろうか。このパブが日本にオープンしても、かなりの人気を呼びそうである。

参照元:Instagram #CherryBlossomPUBTHRILLISTCherry Blossom PUB(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらは桜をテーマにしたパブ

▼マリオグッズがひしめき合っているぞ!

Nothing like a Sunday at a Mario Brothers Bar #mariobros #sundayfunday #dc #sundayindc #cherryblossompub

A post shared by Cassi Sharbaf (@cassafras83) on