なぜ山に登るのか? そこに山があるからだ。イギリスの登山家、ジョージ・マロリーのあまりにも有名な言葉である。そう、私(あひるねこ)もあなたも、今日は山を登らねばならない。それもただの山ではないぞ。高くそびえ立つ、肉の山だ。

ニュータイプの肉丼として、独自のポジションを築いている「岡むら屋」。その岡むら屋が、本日2017年4月3日より期間限定の新商品の販売を開始した。『どっさり野菜』なるヘルシーなワードが付けられたそれらの商品は、その響きとは裏腹に、こちらの予想を大きく上回る肉マウンテンだったのである!

・登山家たちが集う新橋店

岡むら屋は、東京に新橋店と秋葉原店の2店を構えている。ちょうどお昼頃に新橋店に着くと、さすが新橋だけあって店内はサラリーマンで埋まっていた。みな、人生という険しい山を登る登山家たちだ。この後、そんな我々をあざ笑うかのように、その新商品は姿を現すのである。

・3つの『どっさり野菜』シリーズ

今回の新商品は全部で3つ。やわらかい煮込み肉の『どっさり野菜肉めし(税込640円)』、出汁でしゃぶしゃぶした牛肉の『どっさり野菜牛しゃぶめし(税込790円)』、それら2つの肉が入った『どっさり野菜合盛めし(890円)』。私はより高みを目指すため、『どっさり野菜合盛めし』をチョイス。

・これぞ肉マウンテン

レギュラーメニューと比べ、新商品は提供に少し時間がかかるようだった。しばし待ち、いよいよ私の前に丼がドンと置かれる。お、おおお……。丼からはみ出る肉・肉・肉のオンパレード……! なんという肉々しいルックスだ。全角度どこから見ても、まさに肉の山でしかない。

中央にはもやしとキャベツがこんもりと盛られており、それらを囲むように煮込み肉と牛しゃぶ肉が、丼に肉の花を咲かせる。特に牛しゃぶのインパクトがすごい。初めは野菜だけが多いのではないかと思ったのだが、杞憂だった。幾重にも重なる肉の層は、さながら登山家の侵入を拒むかのようである。

・肉にまみれる

こってり濃厚な味付けの煮込み肉と、特製ごましゃぶダレで思いのほかサッパリとしている牛しゃぶ肉。味付けは正反対だ。もちろんどちらも、うおーーー肉を食らっている! という実感を存分に味合わせてくれるのだが。

・野菜の量もパねえ

肉だけでなく、野菜の量もハンパではない。というか、多すぎてしばらくご飯に辿り着けないくらいで、下から二郎系ラーメンでも出てくるのではないかと焦ったぞ。ただ、正直言ってこの野菜は味が薄いように思うな。もうちょっとタレの味が効いているといいのだけど。

・覚悟を持って

すでにお気付きかもしれないが、これは「ちょっと小腹すいたな」的なテンションでは頼まない方が良い。オラ! 登ったるでッ!! という心構えで臨むのが正解だろう。かくいう私もギリギリの登頂であった。腕に自信がある登山家たちは、期間限定なので急ぎでチャレンジしてみてほしい。

参考リンク:岡むら屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼肉ゥゥゥゥゥゥううう!