毎朝、子供のお弁当を用意しなければならない親御さん達は、忙しい朝がさらにてんてこ舞いとなるに違いない。バタバタとせわしい朝は、なにかとトンチンカンな手違いが起こりがちだが、ある母親が、子供の弁当に「とんでもない大人グッズ」を入れてしまったというニュースがネットで話題になっている。一体全体、子供のランチボックスには何が入っていたのだろうか!?

・娘のお弁当に ‟トンでもない大人グッズ” が!

豪クイーンズランド州に住む匿名の母親がバタバタと忙しい朝に、小学生の娘に「冷凍庫の中からジュースの袋を取って持って行きなさい」と伝え、娘は元気に登校して行ったという。

ところが、お昼休みの時間帯に学校から連絡を受けた母親が、教師から「ランチボックスにトンでもない物が入っていた」と伝えられ、驚愕する展開となったのである!

・弁当にカクテルの袋が入っていた!!

なんと、娘のランチボックスにはジュースの袋ではなく、ウォッカブランド「スミノフ」のカクテルの袋が入っていたのだ!! その写真を見ると、ラズベリーシャーベットのカクテルの袋はラズベリーをあしらったデザインで、カラーがピンクと紫色であるため、パッと見はジュースだと見間違えてもおかしくない仕様となっている。

パッケージにはデカデカと「スミノフ」とブランド名が記されているが、小学生の子がスミノフがウォッカであることなど分かるはずもない。てっきりジュースだと思い込んだ娘が、スミノフの袋をつかんでランチボックスの中に入れてしまったのだ。

・学校からの軽い注意で事なきを得たママ

最初は、弁当にスミノフが入っていた事実を懸念していた教師も、母親の話に理解を示してくれて軽い注意で済んだとのこと。

このニュースにネットユーザーは「彼女に私の弁当を詰めてもらいたい」だとか、「先生にスミノフを盗まれなくて良かったわね」といったコメントが寄せられ、学校側も含めて笑える手違いとして受け止めていたようだ。

なんだか ‟子育てあるある” といった感じのエピソードだが、娘さんが知らずにスミノフを飲まことがなく何よりだった。

参照元:Facebook @Elainenews.com.au(英語)
執筆:Nekolas