東京・新高円寺のパン屋で販売している「ウサギ食パン」について、以前の記事でお伝えした。このお店「ベーカリー兎座LEPUS」は、2017年3月にオープンしたばかりなのに、ネット上で話題となり人気爆発。連日ウサギ食パンを買い求める人が後を絶たないようだ。

食パンの形に一工夫しているお店は、ここだけではない。大阪・堺市の「パン ド サンジュ」もまた、可愛らしい形の食パンを販売している。その形とは……とびばこである!

・伊勢丹のパンフェス

2017年3月29日から東京・伊勢丹新宿店で開幕した、パンフェスティバル「ISEPAN ! ~パン好きのための、パンの祭典~」。その催しにパン ド サンジュが出店し、とびばこパンを販売しているのである。

全国各地から選りすぐった人気ベーカリーが出店し、初日から人気店は長蛇の列。そのなかでも、とびばこパンは一際目をひいていた。積み上げられたとびばこ型のパンは、オッサンの私(佐藤)が見ても「可愛らしい!」と思ってしまう。1つ443円で販売しており、パンの入れ物もまた、とびばこの形をしている。

・入れ物もとびばこ

入れ物は発砲スチロール製。底の部分は紙でフタをしており、これを外すとパンを取り出すことができる。

台形に焼き上げた食パンに、焼印で番号をふっただけなのに、なぜこんなに可愛らしく思えるのだろうか? それはきっと、誰もが子どもの時に慣れ親しんだとびばこを思い出すためではないだろうか。

横に切れ目を入れると、さらにとびばこ感はアップ! パンの中をくりぬいて、チーズやシチューを流し込んでも良いかも。

・パンの耳を堪能

ちなみに味は、小麦の風味がとても豊かで、そのままでも十分美味しく食べることができる。パンの耳の美味しさを、存分に味わうことができるぞ。なお、「ISEPAN ! 」は4月3日までだ。

参考リンク:「ISEPAN ! ~パン好きのための、パンの祭典~」「パン ド サンジュ」
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

とびばこパンだって。かわいいな、コレ

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on