黒部ダムをはじめ、高岡大仏、世界一美しいスタバなどが有名な富山県。日本海に面しているため魚介類がおいしいことでも知られているが、もし訪れたならば是が非でも食べておきたいのが「富山ブラック」だ。

周知の通り、スープが真っ黒な醤油ラーメンは富山県ならではの一品。もちろん、初めて富山県を訪れた私(筆者)も食べることにした。ただ、とあるラーメン店は一発目から中毒不可避。脳を揺さぶられるようなガツンとくるラーメンを提供してくれたのには驚いた。

・高岡の人気店

そのお店の名前は『ラーメンの翔龍』。聞けば高岡で約30年も愛され続けているという人気店らしい。店内は広々と座席が広がっており、客層はその濃厚さから男性ばかりと思いきや女性の姿もチラホラ見られた。

・ご飯と一緒に食べるのが基本

夕食の早い時間帯ということもあってスンナリ入店。初めての富山ブラックなので、ボリューム満点のチャーシューメン(850円)、そして富山ブラックに合うという「ご飯(150円)」を注文した。何でも富山ブラックはご飯やおにぎりと一緒に食べるのが基本らしい。現に周囲を見渡すと、ほとんどのお客さんが頼んでいた。

それから待つことしばし。いざ対面すると、真っ黒なスープに太めのネギ、さらにはスープの表面に分厚い油の層をまとったラーメンがドーンと登場! これぞ富山ブラックといったところだろうか。噂通りの黒さにテンションが上がり、見るからにヤバそうな感じが何ともたまらない。まずはスープから飲んでみると……

・クセになる中毒性

ムムムッ、なかなか濃い! しょっぱいといえばそうだが、ただしょっぱいだけではない。ついつい右手が動いてしまうような中毒性を持っている。こりゃウマいな……と思いつつ、やや太い縮れ麺を食べたところ、スープがよく絡んでやめられない止められない!

一緒にご飯を食べればゴートゥーヘブン。さらにトロトロのチャーシューも加われば、抜け出せないほどクセになる。初めての富山ブラックは「絶対に明日ヤバい」と思いながらも、すべてペロリと食べてしまうほどの罪深さだった。

・濃厚好きなら満足できるはず

長年愛されているのも納得だった『翔龍』の富山ブラック。その濃厚さから好みは分かれるかもしれないが、パンチの効いた一杯を求める人であれば必ず満足できるはず。思い出すだけで唾液が分泌されるラーメンはなかなか出会えないだけに、富山県を訪れたら体験してみてはいかがだろう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ラーメンの翔龍
住所 富山県高岡市野村365 サンエイハイツ1F
時間 11:00〜24:00
休日 無休

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼お店の外観

▼ギルティなスープ

▼ご飯と組み合わせて食べるようにしよう

▼裏口はオシャレな感じ