2016年10月に東京・中野で開催された人気イベント「餃子フェス」が帰ってきた! 今回は東京・駒沢オリンピック公園で、2017年3月17日から4日間の日程で開催されている。

開催初日に行ってみると、女子率が異常に高い! 特に若い女性が多いじゃないか!! なお、今回も前回と同じように電子マネーで決済が可能となっている。これはやっぱり優良イベントだ。

約半年ぶりの開催で、電子マネーで決済できることを私(佐藤)はすっかり忘れていた。開場時間前に入場ゲートにたどり着くと、他のお客さんと同じようにチケット購入の行列に並んでしまっていたのだ。

・ファストチケットは1~2枚あってもいい

約20分並び、1枚600円の食券を4枚購入した段階で、電子マネー決済のことを思い出した。ついでなので、1枚500円のファストチケットも購入。これを店舗に提示すると、通常よりも早く餃子を購入することができる。

ただし、1皿600円の餃子が+500円になってしまう。それでも「長蛇の列に並びたくない!」という人は、ファストチケットを1~2枚購入しておいた方が良いだろう。

・最高の青空!

さて、今回の会場は前回の「中野四季の森公園」よりもずっと広い。おまけに開催初日は好天! 広い敷地で晴れ渡る空のもとで食べる餃子は最高だ。出来ることならビールを飲みたかったが、仕事にならなくなるので我慢我慢……。

・食べた餃子

今回もまた、「肉玉そば おとど×酔っ手羽」は大人気。「森精肉店」も大人気で、この2店舗は最初から断念した。時間がかかりすぎる……。また前回食べた餃子はパスして、新たに以下の4店舗の餃子を味わった。

「本家大勝軒」の復刻版揚げ餃子と揚げシューマイ

「中国菜館 志苑」の甘辛濃厚ゴマだれ水餃子

「金獅子のヤキニク 札幌」の焼肉屋の牛カルビぎょうざ

「GYOZA STAND」のパクチー香る! 特製ジューシーホルモン餃子

どれも1皿600円。1皿の量がちょうど良いのが、このイベントの魅力のひとつ。1人で3~4皿くらいは軽く食えるので、友達と手分けして複数の餃子を購入し、食べ比べると面白いだろう。

いくつか注意点を挙げると、大勝軒は揚げ餃子なので、出来上がるのに多少時間がかかること。それから、会場で電子マネーのチャージは出来ないので、事前に駅やコンビニでチャージしておくと良いだろう。そうすれば、チケットを買わずに餃子を買うことができるぞ。餃子を食いまくれ~ッ!!

・イベント詳細

名称 餃子フェス TOKYO 2017
会場 駒沢オリンピック公園 中央広場 (東京都世田谷区駒沢公園1-1)
日時 2017年3月17日 12:00~21:00 / 18・19日 11:00〜21:00 / 20日 11:00〜20:00

参考リンク:餃子フェス TOKYO 2017
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼会場にはデザートもあるぞ

こういう自撮りしてる子ばっかおる #今日の佐藤

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on