2017年3月15日、第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の2次ラウンド・プールEは、オランダ vs キューバの試合が行われた。結果は14−1の7回コールドでオランダが勝利し2勝1敗。一方のキューバは3連敗で敗退が決まった。

改めてオランダ打線の強力さに驚かされる一戦となったのだが、同時にあまりにも痛すぎるチンプレーが発生していたのでご報告しておこう。なんとオランダ代表選手のホームランが観客の股間にホールインワンしたのである!

・股間にホームランが直撃

男性は絶対に笑えない事件が起きたのは、3回表のこと。オランダ代表が5点を先制し、なおもチャンス。打席には8番デカスター選手が入り、バットを振り抜くとレフトスタンドに一目でソレとわかるホームランを放った。そして次の瞬間!

ひとりの男性がキャッチを試みると、スカッと空振り。すると……あろうことか、ボールはピンポイントで股間にホールインワン! タマタマとはいえ、まさかの股間に直撃してしまったのである!! 当然ながら男性はその場で悶絶。意外な形で珍プレー&好プレー……いわゆる珍好プレーとなったのだった。

・2次ラウンドの行方

彼の無事を祈りたいが、その一方で気になるのはオランダの勝利で2次ラウンドはどうなるかということ。日本はイスラエルに勝てば決勝ラウンド進出が決定し、負けた場合は当該国同士の失点率の争いになり、9回4失点以内なら2次ラウンドの1位通過が決まる。

もし5失点以上ならオランダが2次ラウンドを1位通過。日本はイスラエルと2位通過を懸けたプレーオフ(16日)に臨むことになる。

参照元:MLB.com(英語)、スポーツ報知
執筆:原田たかし

▼黒い服を着た男性に注目