米国では、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁され、単に大麻を吸うだけではなく、コスメや食品など様々な関連商品も誕生している。

そんななか、なんと大麻をアレンジした4万5000円もするブーケが登場して話題を集めている。通常のブーケに比べるとカラフルさには欠けるが、なかなか可愛く仕上がっているぞ!

・ちょっと変わった4万5000円の大麻ブーケが登場!

ちょっと変わった大麻のブーケを考案したのは、米カリフォルニア州ロサンゼルスで大麻栽培を行う農園「Lowell Farms:ローウェル・ファームス」だ。ちなみにカリフォルニア州は、2016年の住民投票で嗜好用大麻が合法化され、それを受けて大麻ビジネスが盛んになり始めている。

話題の大麻ブーケは、ラベンダーや野花と一緒に大麻の花をあしらったアレンジとなり、価格は400ドル(約4万5500円)なり! 

・1オンスの高級大麻も付いてくる!!

花屋で、「ちょっと彼女に花束でも買っていこうかな」と気軽に買える値段ではない。だが、ブーケには1オンス(約28グラム)の高級大麻が付いてくるとのことで、こんなブーケを貰った人はプレゼントを嬉しく思うと同時に、ブーケの香りでちょっと ‟イイ気分” になれるかも!?

こちらのブーケは、バレンタイン用に期間限定で販売された特別商品なのだが、かなりネットで話題を呼び好評を博したこともあり再販される可能性はありそうだ。

・男性にもOKなプレゼント!

そして、花束といえば「男性から女性にプレゼントする物」というイメージがあるが、こんなブーケなら、男性にプレゼントしてもウケそうである。カラフルさには欠けるが性別を問わないユニセックスなブーケであることも、話題を集めた理由の一つと言えるのではないだろうか。

これからも米国では、嗜好用大麻が解禁される州が増えていくだろう。それに伴い、大麻を使用した ‟目からウロコ” な商品が続々と登場するに違いない。

参照元:Instagram @lowellherbcoMETRO(英語)
執筆:Nekolas