「中途半端な力を身につけた者はかえって早死にするよ」という名言を残したのは、漫画「ドラゴンボール」のフリーザである。なぜいきなりフリーザ様の名言を持ち出したかというと、今回ご紹介するデカ盛りグルメに挑んだ戦士たちが、ことごとく惨めな大敗北を喫しているからだ。

数多くのチャレンジャーを苦しめたのは、福岡で圧倒的な知名度を誇るデカ盛り店『HANAMARU厨房』のトルコライス。なんでも、ドライカレーとナポリタンにトンカツを乗せてカレーをかけた料理なのだとか……って「全部大好きなんですけど」と思ったので食べに行ってみたぞ。

・天神駅から徒歩約10分

HANAMARU厨房は、天神駅から歩いて約10分の距離にある。一見よくある定食屋さんなので入りやすいと思ったが、入店直前に驚愕メニューを発見してしまった。噂のトルコライス(1000円)には、大盛(1300円)、特盛(1500円)、そしてバカ盛(2500円)が存在するらしい……。

なんというか、特盛からからバカ盛りへの値段の跳ね上がり方が異常である。ホップ、ステップ、ジャアアアアンップゥゥゥゥ~!! といった感じだ。噂のトルコライスを完食するために数日前からコンディションを整え、空腹もピークの状態でやって来たが、値段を見ただけでビビってしまった。

・バカ盛りを注文

呼吸を整え入店してみると、すでに数人の男性客がデカ盛りトルコライスに挑んでいた。サイズはわからないが、おそらく大盛りか特盛だろう……確かにデカい。しかし、男なら一番デカいやつに勝負を挑みたいのだ! というわけでバカ盛を注文。よーし食べまくってやるぞォォォオオオオオッ!!

注文後、店内には異様な空気が流れていた。どうやら、大盛か特盛だと思っていた男性客のトルコライスは普通盛だったらしい……おいおい嘘だろ。恐怖に震えながら待つこと数分、運ばれてきたのは、まさにバケモノ級の巨大トルコライスであった。

・全然減らない

さっそく食べてみると……確かに美味い。ドライカレーは少し薄い気もするが、揚げたてのトンカツとカレーを合わせれば、かなり無敵の味になる……が、問題なのはナポリタンだ。もしこいつを全部食べたら、おそらく今日中に胃が弾けることになるだろう。

食べても食べても全く減らず……とっくの昔に自分の限界を超え、涙目になりながらも食べ続けたが、残り半分ほどで無念のリタイア。店主に聞けば、バカ盛の重量は約3キロとのことで、残りはパックに詰めて持ち帰ることに。人気メニューというのも納得の味だったが、圧倒的な量に完敗してしまった。

なお、残してしまった人は悔しいが「ヘタレノート」に名前と感想を記入しなければならない。大食いファイター気取りだった者たちの名前が次から次へと刻まれていく……強がっていた筆者も、実は家でご飯を2、3杯食べる程度のレベルだったと、名前を書きながら深く反省した。

ちなみに、大盛以上を完食したファイターは「完食ノート」に栄光の名前を刻むことができるらしい。さらには、バカ盛を超える裏メニュー「もえあず盛」も存在するそうなので、本気で大食いに自信のある方はぜひチャレンジしていただきたい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 HANAMARU厨房
住所 福岡県福岡市中央区春吉2-2-5 エステートモア天神スタジオ 1F
時間 平日11:30~15:00 / 17:00~23:00(土・祝12:00~15:00 /17:00~23:00)
休日 日曜

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼バカ盛ができあがる様子

無理すぎるサイズのトルコライスを注文してしまった。

A post shared by 砂子間正貫 (@sunakoman) on

▼バカ盛ができると撮影大会になった

▼バカ盛トルコライス



▼半分ほどで無念すぎるリタイア

▼ヘタレノートへ名前を記入


▼残りは持ち帰っていただきました