img_2645

先入観とは何と下らないことだろう? 先入観は自分の視界を狭くし、結果的にその人の世界を小さくしてしまう。極端にいえば先入観に捉われた人に明るい未来はなく、織田信長もナポレオンもビル・ゲイツも、固定観念を打ち破ったからこそ時代に名を残したのだ。

わざとらしい前フリはさておき、今回の記事は先入観に捉われることなく、まっさらな気持ちでご覧いただきたい。タイトルからお分かりの通り「たけのこごはん」ならぬ『たけのこの里ごはん』を作ってみたわけだが、これが予想に反して爆ウマだったのだ。

・甘いご飯は珍しい

米が主食の日本において「甘いご飯」はあまりない。炊き込みご飯は塩分が基本だし、そもそも甘いおかず自体が多くないのが現状だ。なので、「甘いご飯」というだけで「マズそう」と思ってしまう人も多いことだろう、その気持ちはよくわかる。だがしかし……。

img_2553

その先入観こそが下らない! ただただ己の味覚だけを信じ、誰が何と言おうと自分が美味しいと思えばそれでいいじゃないか!! 今回ご紹介する『たけのこの里ごはん』は、先入観さえ無くせば間違いなくウマい。まずはレシピをご紹介しよう。

・「たけのこの里ごはん」のレシピ

【材料】
米:2合
たけのこの里: 3箱
牛乳:適量【作り方】

1: 米を洗い、お釜に4合分の牛乳を入れる。
img_2562

2: たけのこの里を全て入れる。
img_2575

3: 炊く。
img_2578

──以上である! ビスケットが思った以上に牛乳を吸うので、牛乳は多めに入れても大丈夫だ。今回はたけのこの里を3箱用意したが、これでも甘さはかなり控えめだったので、甘いのが好きな人はさらに追加してもいいぞ。その際は、牛乳の増量を忘れないようにしよう。

炊き上がった『たけのこの里ご飯』は……。

kuhaku1

img1488348517616

キャァァァァァアアアアア! 怖い!! ……が、香りはホットココアそのもので、むしろ心温まるいいニオイである。

さっそく一口食べてみると……イケる! 意外とイケる!! 先述のように意外と甘さは控えめで、決して米を殺していない。ビスケット部分はしっとりとした口当たりで、まるでパンプディングのような食感だ。こ、これは……ライスチョコプディングじゃないか!

img_2628

・ライスチョコプディングになった

ビスケットを「ネチョッとしている」と捉える人はマズく感じるだろうが、それこそ先入観。あくまで “しっとり” である。日本でならともかく、世界中の人に「たけのこごはん」と『たけのこの里ごはん』を食べ比べてもらったら、もしかしたら「たけのこの里ご飯が勝つかも……」というくらいウマい!

img_2639

なお、さらに牛乳の量を増やして “リゾット風” に仕上げるのもアリだ。言うなれば「チョコミルクリゾット」である。たけのこの里を3箱使用するため、それなりに割高な『たけのこの里ごはん』だが、興味がある人はぜひ試してみてくれよな!

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼ライスチョコプディングだ。
img_2673

▼若干1名だけ「無理」という意見もあったが、それ以外は「意外とイケる」「スイーツとしてならアリ」「悪くない」という声が多かった。
nnga4296

▼マジで意外とイケるぞ!

意外とウマくて笑った。

A post shared by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on