一人暮らしをしている人の元に両親から荷物が届いたら、何が入っているのかワクワクしながら箱を開けるのではないだろうか。筆者も、家庭菜園をしていた父がよく野菜を送ってくれて、親の心遣いを嬉しく思いながら新鮮な野菜に舌鼓を打ったものである。

ところが、そんな嬉しい展開となるばかりではないようだ。というのも、「母ちゃんから荷物が届いた~! 」と大喜びした青年が箱を開けると、中身はゴミだらけ! そこには、ママの重要なメッセージが込められていたのである……。

・「母ちゃんから荷物が届いた~! 」と大喜びの息子だったが……

米メリーランド州出身のコナー・コックスさんはペンシルベニア州の大学に進学し、実家を離れて一人暮らしをしている。そんな彼の元に、母親のテリさんから ‟ケア・パッケージ” が届いたのだ。

ケア・パッケージとは、家族や友人に送るささやかなプレゼントや季節の品のことで、アメリカではクリスマスや感謝祭などの祝日に贈られることが多い。言ってみれば、日本のお中元やお歳暮のような存在である。

・箱を開けたら中身はゴミだらけ!!

そんなケア・パッケージを受け取ったコナーさんは、「母ちゃんから荷物が届いた~! 」とワクワクしながら箱を開けたのだが、なんと中から出て来たのは使用済みティッシュペーパーや空き缶、紙クズなどのゴミだらけ!

一体何事かと頭の中が「???」状態になった彼だったが、なんとテリさんは、実家に息子が帰った時に片付けなかったゴミを送り付けたのである!

・ママの方が一枚上手だった!

なんでもテリさんによれば、コナーさんが実家に帰っても全く掃除や片づけをせず、彼の部屋は散らかし放題なのだとか。何度も片付けるように注意しても言うことを聞かず、息子が掃除をしないまま大学へ戻ったため強硬手段に出たという訳だ。

コナーさんは掃除をせずに実家を後にしても、「母親が後片付けをしてくれるはず……」と甘い考えを持っていたそうだが、どうやらママの方が一枚上手だったようだ。

つい子供は親に甘えてしまうところがあるため、これぐらいしないと効き目はないのかもしれない。今度コナーさんが帰省した時は、きちんと掃除をしてから帰ることは間違いないだろう。

参照元:Twitter ‏@thedeal_5Mirror(英語)
執筆:Nekolas

▼「母ちゃんから荷物が届いた~! 」と大喜びの息子だったが……