mimaki4
都内のそば屋チェーンと言えば、富士そばだが、「通」なら小諸そばの存在は外せないだろう。確かな味とボリュームのあるメニューはもちろん、1席に1個備え付けられている小梅やネギ、ゆず七味などの一風変わった薬味類も、他店との違いを感じさせる。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回は、そんな細部に気配りがキラリと光る小諸そばの姉妹店をご紹介したい。この店が、心に染み入る高級和食なのに安くて高コスパなのである。

・大人の街

訪れたのは港区赤坂。人呼んで「大人の街」だ。赤坂見附駅前の河川のような大通りとデパートの壁は、いつまでたっても慣れない。ザ・大都会である。そんな場所から徒歩5分ほどにあるこのそば屋。その名も「蕎麦きり みまき」という。
mimaki

・赤坂で満員御礼の人気店

街に溶け込む店の外観と、店内の間接照明からは高級感がほんのりと漂ってくるが、店外メニューを見てみると480円から高いセットでも1000円以内と良心的価格。私が来店した13時ころは、満席で1人待ちの状態だった。2016年9月20日にオープンしたこの店だが、人気は上々のようである。
mimaki3

・高級感があるけど良心的な値段設定

店内に案内されると、さっそく並んでいる時に決めていた「かき揚げ天御膳(税抜680円)」を注文した。この落ち着いた大人な雰囲気の中なら、680円が安く感じるから不思議である。

しばらくして、運ばれてきたセット。大きめのそばの器の真ん中には、分厚いかき揚げ天が屹立していた。また、つけ添えの季節の炊き込みご飯からも、どことなく上品さが感じられる。まずは、そばから食べてみたところ……
mimaki5
うむ……しみじみウマい。そば独自の風味がほのかに漂う中、かつお出汁が効いた甘めのつゆが丁寧に味に絡む。幾重にも練り込まれた織物のような「和の味」だ。
mimaki6

・和食好きにオススメ

また、炊き込みご飯は、白身魚と大根などで上品にまとめられている。心に染み入るようなその味に体が喜ぶようだ。ウマいっていうか心地いい。毎日食べると元気になりそうである。
mimaki10
これが680円は明らかに安い。そして場所が赤坂ということを忘れてはいけない。経営が成り立つのかこちらが心配になるほどで、安すぎると言っても決して過言ではないだろう。

なお、机の隅にはしっかりとゆず七味の姿も。小諸そばの心意気が高いクオリティーで結晶化したような店である。小諸そばファンだけでなく和食好きは一度味わってみてほしい。

・今回紹介した店舗の情報

店名 蕎麦きり みまき
住所 東京都港区赤坂4-2-3
営業時間 平日10:00~23:00 / 土・日・祝10:00~20:00
定休日 無休

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼そばはもちろん
mimaki12
mimaki8
▼炊き込みご飯も
mimaki13
▼幾重にも練り込まれた織物のような「和の味」!
mimaki9
▼小諸そばの心意気が高いクオリティーで結晶化したような店
mimaki11